【国産化特集 第一弾】付加価値の山を築く、リンガーハットのちゃんぽんが凄かった!

野菜など食材の国産化を積極的に打ち出した外食チェーンの好業績が相次ぎ、2015年度決算でも結果を残している。利益率アップを目指した各社は「付加価値商品」として国産品を投入。値段が高めでも安全・安心といった価値が消費者の支持を集めた格好だ。

引用:日本農業新聞 e農ネット

 

国産化を推し進めている外食チェーンの好調は専門店を中心に広がりをみせています。その中でも「長崎ちゃんぽん」を看板メニューに全国約500店を展開するリンガーハットは逸早く、国産化への食材切り替えを実施し15年度の売上高・営業利益が過去最高を更新しました。

 

野菜、麺・ぎょうざの小麦粉はすべて100%国産。

mainimage

引用:http://www.ringerhut.jp/quality/domestic-production_history/

1年かけて2009年10月より全店で、野菜を100%国産化に移行され、麺に使う小麦も2010年に国産化、ぎょうざ主原料も2013年には全て国産へ切り替えられました。

 

一時は全体の3割もの店舗が赤字に転落する等、困窮を極める時代もあったことから、国産化へのシフトが屋台骨を支えたと言っても過言ではなさそうです。そんなお店の商品とメニューブックが大いに気になります。と言うことで、今回は【国産化特集第一弾】としましてリンガーハットさんを取材させて頂きます。

取材店舗様

 

 

 

——————————
食材が主役!
——————————

『食材が主役ですから♪』  キャベツ ときくらげからそんなセリフが聞こえてきそうな、食材押しのデザインがメニューブックの表紙から見て取れます。

IMG_6990

お店の屋号はどこにも見当たりません。【国産野菜 = リンガーハット】というイコールの意図がメニューブックには込められているのかもしれません。

 

 

 

—————————————
国産という付加価値!
—————————————

裏表紙には更に細かく、食材・原料が国産であることが記載されています。メニューに 【リンガーハットだから、できること】と書かれています。

IMG_6995

『新鮮でおいしい』・『安全・安心』と言った、国産野菜に対する消費者ニーズや信頼の表れが好調の背景にあります。実際に値下げ競争が繰り広げられる外食チェーン業界において、あえて値上げに踏み切られた同社ですが、少し値段が高くてもおいしくて、安全なものを食べたいというニーズは『付加価値』を呼び起こす格好になっているのかもしれません。

 

 

 

—————————————————
4人に1人が頼む野菜増量メニュー!
—————————————————

『国産』という『付加価値』は自信を持って提供されています。その象徴とも呼べるメニューが【野菜たっぷりちゃんぽん 720円+税】です。

IMG_6991

何と言っても野菜だけで480gのボリュームは厚生労働省が推奨する「一日の野菜摂取量350g」を優に上回る量です。この野菜増量メニューは4人に1人が注文する主力品にもなっているようです。私もまだお目にかかったことが無いこの野菜たっぷりちゃんぽんを注文してみました。

 

 

 

————————————————
これぞジャパニーズ山盛り!
————————————————

日本の野菜だけが作り上げた山の様な野菜盛です。

IMG_7005

撮影用にお願いした盛り付けではありません。野菜に自信があるからこそできる盛り付けではないでしょうか。絵になります。

野菜は付け合せではなく、センターを張る度量十分です。サラダのようなシャキシャキっとした食感は食べるごとに食欲を助長させます。野菜の甘み・コクは食べても良し、スープを飲んでもはっきりと感じることができます。

 

 

 

———————————————————
野菜のパートナーがラーメンデビュー!
———————————————————

初めて見る光景がもう一つ!サラダのお供、ドレッシングが一緒になって現れました。

IMG_7017

手前の緑色:ゆず胡椒  奥の黄色:しょうが

 

野菜がメインだと脇役の顔ぶれも違って当然ですね!ノーマルの状態を楽しんだことですし、ぼちぼち味を変えてみましょうか。ゆず胡椒は少量をスープに馴染ませるとありました。

IMG_7021

こんな感じで合わせてみます!

IMG_7022

今日の真夏日で食欲陰るかな?と思った俺のバカ。。少量でもピリッとした清涼感のある辛みが食欲を誘発します。辛さがアクセントとなり野菜の甘みを更に引き出してもいました。

 

一拍置いて、しょうがを試してみます。

 

レンゲにスープ・麺・具材を盛り付けて、その上にしょうがドレッシングを垂らすとのこと。

IMG_7026

 

分かり難いですが、中心箇所に垂らしてみました。

IMG_7028

清涼感という点では先程のゆず胡椒と似ていますが、直接具材に付けていることもあり、また野菜が進んでしまう好アクセントを与えてくれます。

 

ゆず胡椒 → ノーマル → しょうが → ノーマル → ゆず胡椒 → ノーマル・・・・・・

 

リンガーハットの新ルーティンの完成です!

 

 

・・・

 

 

野菜だけで480gですからさすがに満腹感はあります。

ですが、野菜で満たしたお腹に罪悪感はありません。

 

安心・安全が付加価値になってしまう時代ですが、手軽に美味しく食べられることに大きなメリットを感じました。シンプルなメリットですが、とても強いメリットです。

国産化によって奥行きと幅がもたらされたリンガーハットさんですが、この先もより高い付加価値がもたらされそうです。今後の動向にも注目してまいります。

 

長崎ちゃんぽん リンガーハット 千日前店

 http://sasp.mapion.co.jp/b/ringerhut/info/r0639/

〒542-0075

大阪府大阪市中央区難波千日前14-13

06-6630-6660

営業時間:11:00~23:00



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ