責めていこーぜ!難波のはずれで守りはゴメンだ!サケとスミビのロシュタンがあるよ。

黄昏の街を背に~♪ 座裏からの梯子酒!

座裏からのレポートはコチラ!

 

IMG_6671

串かつ 屋台 ふくろうさんでほろ酔い。座裏を背にして向かうのは、難波の更に裏へ。中心街の喧騒からは離れた場所に、濃い~熱気が灯るお店を発見!

IMG_6675

テラス席が心地良さそうなお店は、『サケとスミビとロシュタン』さんです。ロシュタンとは【酒】のシュと【炭】のタンを組み合わせた造語だそうです。そうと来れば日本酒いっちゃいますか!

 

目の錯覚か?それともノミスギタン!?ラベルがどうにもうっかり八兵衛。

IMG_6758

そのお味は、うっかり頼めない、真のある強酒!心して頼むべし!!

 

強気に責めて行きましょう。左:川鶴 讃岐 くらうでぃ   右:大倉 どSブレンド生原酒

IMG_6729

どSブレンド!? 山廃で仕込んだ5種類の純米・無濾過生原酒「あらばしり・中取り」以外の【責め】だけ特別にブレンドしたユニークなお酒です。

IMG_6739

くらうでぃのアルコール度数が6%に対し、どSブレンドは17.0度以上18.0度未満。山廃らしくコク・幅が感じられ、呑みごたえのある責めの味わいです。

 

 

ここだけでしか頼めない料理も責めでいっぱい!

IMG_6730

 

数量限定 アミ脂で巻いたレバー

IMG_6742

牛・豚などの内臓のまわりについている網状の脂でレバーを巻いた一品。小生、レバーは苦手なのですが、責めていこ~うぜ♪ 臭みが無い上に、プリップリな食感はレバーの概念ぶち壊します。

 

焼酎も責めてます。

IMG_6745

芋焼酎 さつまの恵み ロックでたっぷりと頂けます。

 

ちょっとブレーク。可愛いゆるキャラ?が日本酒ができるまでから、温度まで解説してくれます。

IMG_6757

 

 

ワインとカレーで〆も責めて行こうぜ!

 

料理長の井内さんはワインソムリエ。ワインに合う〆の一品をお願いした所、答えはカレーでした。自他共に認めるカレー狂の井上さんが放つカレーもまた責めまくり。

IMG_6762

天王寺の骨董品で○○円で購入されたカレーには見た目にもスパイシーな相がけカレー

IMG_6764

4種類のルーが威風堂々と並びます。ラムベースに豆とかぼちゃ、カレーリーフにロシュタンらしい、梅干と酒カスを使ったカレーが正に絶品!ずっと食べ続けたいと思う衝動に駆られます。〆の逸品であると共にお酒のお供にもピッタリだということを料理長に伝えたい、あ~伝えたい。

 

飲みまくり、食べまくりの責めまくった本日のはしご酒。印象的な逸品に魅せられましたが最後にしてトリを飾ったカレーはまた食べたいです。料理長に思い切って聞いてみました。大阪で一番おいしいカレー屋さんはどこ?

 

なるほどですね、1番が2つもあるなんて、楽しみが増えました!こちらの2店舗は引き続きWebメディアでご紹介させて頂きます。こちらも是非お楽しみ。

 



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ