飲食店の集客!売れる看板メニューの作り方

飲食店の集客!売れる看板メニューの作り方アイキャッチ

ライターの南方です。

突然ですが私は猫好きです!

もしも私が猫カフェのオーナーだったら…..

南方さん猫カフェをイメージする

そんな妄想している時間がたまらなく楽しいです。

 

 

しかし、楽しい時間は一転。悩める南方になってしまいました。

看板メニューの作り方に悩む南方さん

 

・・・

 

看板メニューの作り方が分かりません。。

更に悩む南方さん

お店の顔として猫カフェには欠かせない看板メニューを作りたい!!

でもいざ作るとなるとさっぱり。

 

そこで今回は飲食店のコンサルタントの勝田さんに売れる看板メニューの作り方と伝え方を聞きに行ってきました!

 

 

看板メニューの作り方と伝え方

 

講師

img_7299株式会社ホスピタソン 代表 勝田 耕司
飲食企業と業務用企業向けの経営・営業コンサルティング、WEB・SNS集客マーケティングの分野で評価をうける株式会社ホスピタソンの創業者。ランチェスターの法則をベースに2,000店舗以上の飲食店へのコンサルティング営業で成果を続出。

 

受講生

img_7299ライター 南方 由紀
1995年3月28生。奈良県出身。メニューデザイン研究所大阪本社勤務。猫と日本酒をこよなく愛する社会人6ヶ月目の南方です。

 

 

 

南方
勝田さん私に看板メニューの作り方を教えてください!!
勝田
もちろんです!私でよければ是非よろしくお願いします。

 

1.コンセプトを明確にする

勝田
看板メニューを作る時にまず必要となるのがコンセプトです。
南方
コンセプト、、、ですか。
コンセプトについて考える南方さん
勝田
どんなお店にしたいのか?というお店の方針・目的が必要になります。店名や内装を作った時と同じことが看板メニューの作成にも求められるのです。

勝田
コンセプトが明確であればイメージとのミスマッチを防げますし、看板メニューが目的達成のための強い味方になってくれます。

 

看板メニューの心強さを感じた南方さん
南方
それは心強いですね!

 

勝田
はい!看板メニューを作ることがゴールではなく、あくまで目的達成の手段であることをまずは認識しましょう。
南方
はい、目的達成の手段…ですねっ!

 

 

2.他店にないウリをみつける

勝田
次のステップは “ウリ” の発見です!ウリとはお店の強みのことを言いますが、強みを生かすことで他店との差別化もできます。
南方
人で例えるところの長所でしょうか?

 

注意喚起する勝田さん
勝田
その通りです。面接でも自分の強みをうまくアピールできている人が高い評価を受けます。それと一緒です。自店のウリを見つけることが、強い看板メニューをつくるのです。

 

自店分析に納得する南方さん
南方
自店の強み、かぁ~ 

 

 

勝田
簡単なようで難しいのが自己分析です。『う~ん、思いつかない。』という方は比べてみることで見つかるかもしれません。

 

  1. 鮮度(朝引き鳥、産地直送、など)
  2. 健康(無添加、契約農場、など)
  3. 量(メガ盛り、お代わり自由、など)
  4. 立地(駅近、都心、など)
  5. 価格(激安、高原価率、など)
  6. 技術(資格を持ったバーテンダー又は料理人、など)
  7. 専門(ワインの品揃え、ひとつの素材に特化、など)
  8. 空間(高級な装飾、おしゃれな内装、など)

 

勝田
1~8の内容を元に自店のウリがどれに当てはまるかセルフチェックしてみましょう。一つに絞ることで圧倒的なウリは何かを見つけましょう。
勝田
また思い切って直接お客さんに聞いてみるのも良いかもしれません。自分が思っているウリと同じであれば間違いなくそれはお店のウリです!

 

ワクワクする南方さん
南方
何だか宝探しみたいでワクワクしますね!!
勝田
宝探し。良い例えですね!ワクワクすることから良いものは必ず生まれます!!

 

南方
自分にも使えるかも!!

 

 

3.伝わるネーミングとは?

勝田
突然ですが人が一度に認識できる文字数は何文字程度だと思いますか?

 

ネーミングの文字数に悩む南方さん
南方
うーん、30文字くらいですか?いや35文字!

 

勝田
違います。実は10文字程度しか認識できないのです。意外と少ないですよね。これを超えてしまうと、見る人は面倒くさいと認識してしまうのです。ネーミングはできるだけコンパクトにウリを入れ込む必要がです。

 

例えば、

ネーミングの比較例
南方
比べてみると分かりますね。10文字、意識します!

 

 

4.反響を呼ぶ見た目とは?

勝田
看板メニューにとって一番重視するのが「見た目」です。料理の味はもちろん大事ですが、食べる前からの「驚き」と「感動」が他との差別化を生み商品の価値を高めるからです。
見た目について熱弁する勝田さん

 

勝田
具体例を挙げてみましょう。看板メニューで「驚き」と「感動」を体験できると人気のカフェ、R39barです。

 

R39bar (アールサンキューバー)

お店
勝田
こちらの看板メニューはエコプレッソと言いますが、よーくこの商品を見てください。

 

・・・

 

エコプレッソ

#エコプレッソ マキアート 500円

 

・・・

 

勝田
このマグカップ、食べれるんです!

 

南方
食べれるって、ホンマでっか!?
食べれるマグカップにリアクションする南方さん

 

勝田
とってからカップまで全部食べれます(笑)食べれるマグカップという、今までにないメニューは見た目の可愛さと相まって「Instgram」(インスタグラム)を中心に拡散しました
南方
めちゃくちゃ可愛いです!!インスタ映えするはずです。口コミしやすいのも看板メニューには必要なのですね。

 

コンセプトについて念押しする勝田さん
勝田
そうですね。ここで重要なのが、決して奇をてらったものではなく、美味しいエスプレッソを飲んで欲しいというオーナーの想い(コンセプト)が生み出した看板メニューだと言えるのです。
勝田
ネーミングもエスプレッソを文字ってエコと付けていますが、商品の理にかなっているため分かりやすいことも人気の理由ですね。
エコプレッソ アフォガード

#エコプレッソ アフォガード 700円

 

南方
なるほど!可愛いだけじゃ駄目ってことですね!