1冊でも2つの顔を持つメニューブック。お昼は話題のフレンチトーストに癒される、神楽坂 シマダカフェ。

『お散歩したい東京の街ランキング』に必ずと言って良いほど、選ばれる街、それが神楽坂です。

かつては夜店が並び、牛込花街として栄えた街ですが、今も路地を一本入るとかつての花柳界の街をしのぶことができるお店や石畳があります。歩いているだけで、江戸の終わりから戦前までの懐かしい雰囲気を味わうことができます。

 

この人気を更に底上げしているのが、“神楽坂のパリ化”です。

東京の“小さなPARIS” と呼ばれる程にパリの町並みを彷彿とさせる路地裏やカフェが数多く点在することから、日本らしさの中に新しさを楽しめるのが理由の一つでもあります。

 

情緒を色濃く残す見番横丁(けんばんよこちょう)にふと現れる近代的なビル。

こちらの3階にあります、女性に大人気の看板メニューが頂けるというお店に今回取材してきました。

 

 

 

シマダカフェさんの、仕込みに2日間かけるフレンチトースト

今までも数多くの媒体に取り上げられている「神楽坂フレンチトースト」は、ここだけでしか味わえない看板メニューです。その理由は仕込時間と手間にあります。

 

乾燥に1日・浸透に1日
パンをカットして自然乾燥させることから仕込みは始まります。その時間はおおよそ1日。その後、牛乳、卵、砂糖だけを原料に使った特製のアパレイユ(卵液)に漬け込むこと更に1日。余分な水分が抜けたパンは、アパレイユを全体にまでしっかりと吸収します。仕込みを終えたパンは、注文されから高温のオーブンで一気に焼き上げられます。メープルシロップとパウダーシュガーのシンプルなコーティングにアイスクリームやフルーツ、自家製ジャムが更に脇を固めます。

 

ここだけでしか味わえない、シマダカフェオリジナル、神楽坂フレンチトーストの完成です。

 

 

ナイフを入れてみますと、外はカリッとしているのに中はトロ~ンとした理想的なフォルムが現れます。

高級なプリンをかみ締めているかの様な食感ですが、プリンは一切使われていません。シンプルな素材に丁寧な仕込みが1口目で分かります。2口目からは6種類のトッピングを交互に組み合わせながらも食べれるので楽しみ方は尽きません。

 

 

お店のメニューブックを作成させて頂きました。

 

 

「ヨーロッパの住宅」をコンセプトにされている店内は入り口から奥に至るキッチンまでを見渡せる開放感溢れる造りです。たっぷりと自然光が降り注ぐ店内はどの席に座ってもリラックスできる空間が広がっています。

 

 

 

どこにもない一冊

お昼時は看板メニューのフレンチトーストをお目当てに来られるお客さんが多いのはもちろんのことですが、お店の正式名称は「CaFE×BaR SHIMADA CAFE」とある様に、お昼でもアルコールのサービスを提供されています。そのため、カフェだけに限定したイメージを与えたくないという想いがお店側の思いとしてお持ちでおられました。

ただ既製品ではカフェとバーの中間を表現できる物が無かったため、お問い合わせ頂いたのが始まりです。お店からも程近い弊社のショールームにて生地からロゴの配色まで打ち合わせを重ねた結果、どちらの表情にもしっくりとくるどこにもない1冊が生まれました。

 

 

アンティーク調のブラウンレザーは手に取るとしっくりとくる感触です。内装の雰囲気に合いシックな印象から、アルコールメニューが載っていても違和感を与えません。

 

このブラウンレザーのメニューブックは、高品質オリジナルメニューブック「メニューの力」から特注でお求めいただけます。

メニューの力

 

商品よりもまず先に見て触れられるのがメニューブックです。その時の気分に向きあうことで、お客さんの一番頼みたい商品をエスコートするのがメニューの大きな役割なのです。

 

 

オープンキッチンからはスタッフさんの元気いっぱいな働きぶりが垣間見れます。

自然とこぼれる笑顔もリラックスできる温かい空気を作っているようでした。

 

 

最後にスタッフさんとパチリ。

メニューブックは使っていくごとに、お客さんにもお店にも馴染んでいくものだと感じました。フレンチトーストもお店もじっくり仕込んだ分だけ味を増す。深まる秋にもぴったりな、シマダカフェさんでした。

 

 

 

■お店情報
SHIMADA CAFE
住所:東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂3丁目テラス3階(地図)
電話:03-6265-3924
営業時間:12:00〜23:00(日祝21:00)
定休日:月曜日(祝日営業、翌平日休)



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ