想いが見えるメニューブック、伝わると料理はもっと美味しくなります。

728 view

突然ですが、飲食店も見える化の時代突入です!!

 

強い組織は『見える化』が形成されているといいますが、一部ではより見えにくくする傾向があるようで・・・。政治のことは良く分かりませんが、お金も食材もクリーンなものであって欲しいと思う訳です!!! さて、今回は見える化によってリニューアル後から好調なお店様のご紹介です。

 

取材店舗様

志な乃亭 鶴見本店

 

1980年8月8日、志な乃亭1号店としてオープンした鶴見店、2002年11月に「うまいもん道楽 志なのや」に業態変更しましたが、13年半ぶりに再び「志な乃亭 鶴見本店」としてリニューアルOPENされたのが志な乃亭 鶴見本店様です。今回このリニューアルに伴いメニューブックの作成をお手伝いをさせて頂きました。こちらの紹介もあわせて早速店舗様へ向かいます。

 

店頭から見える化

リニューアル前の「うまいもん道楽 志なのや」当時も看板で大きく訴求されていたそうですが、屋号そのものが掲載されるだけでした。『うまいもん』というワードから飲食店であることは認知されるも、何が食べれて何がウリであるのかまでは触れられていません。入店後のイメージが付き難いと、足踏みする傾向があったのかもしれません。

 

新しい店頭では、お店のコンセプトである海鮮・地どりを大型看板で訴求。旬で頂ける魚介類を木札で表現されています。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2373

具体的な情報が表に出るようになったことで、客足の流れにも効果が生まれだしています。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2362

 

 

 

新鮮も熟成も『見える化』で興味を惹く!

店内入り口すぐの右手には巨大な生簀がお出迎えしてくれます。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2249

選んで食べることのできる生きたメニューが泳ぎまくっています。今日はピチピチなイカと鯵が揃っています。イカに限っては見えすぎてもう透明です。ちなみに入荷日は決まっており、次回は6月17日とのことです。売り切れたら次回入荷日までお預けなのでご注意ください!

 

入り口正面にはドリンクの特設コーナーが。ウィスキーに生のフルーツを漬け込んだ自家製のハイボールです。熟成しているところも見える化でとってもクリーンなドリンクに仕上がっていました。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2188

見所多き仕掛けに目を奪われながらもようやく着席。ここからはメニューの出番です。ファーストドリンクの誘惑をぐっと堪えましてメニューを見ていきましょう。

 

 

本日のキラーメニューも見える化

こちらは店長さんが毎日作成されている【日替わりメニュー】です。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2206-Edit

これだけで完結してしまいそうな程に、新鮮さが伝わる手書きのメニューです。写真は一切ありませんが、私の頭の中には先程入り口で見たイカが元気に泳いでいます。キラーメニューの告知も駄目オシとなり、『剣先イカ姿造り 中 3,980円』をお願いいたします。

 

 

おすすめもやっぱり見える化

グランドメニューのページ前半ではお店の看板商品が魅力たっぷりに表現されています。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2220 蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2223 蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2227

迫力ある料理写真はそれだけでも十分食欲をかきたてます。看板メニューも見える化』できている訳ですが、冒頭から推しているこの『見える化』は一体誰に何のメリットをもたらしているのでしょうか?オーダーの途中ですがここで明らかにいたします。

 

『お客さん』と『仕入れ先』と『お店』を繋ぐために

志な乃亭様のメニューブックには商品写真だけではなく、生産者様の顔が分かる食材も掲載されています。生産者さんの食材に対する想いを、仕入先として終わらせるのではなく、この想いを見える化することで新たな価値が生まれます。見える化で『お客さん』と『仕入先』と『お店』にそれぞれメリットがあるといえるのかも知れません。

 

想いが詰まったメニューに愛情持って注文させて頂きます!

 

生け捕りする場面も見ることができます。透明だったイカは身の危険を感じると一瞬にして全身の色が赤く染まります。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2252

これも新鮮な証拠と軽快に捌く店長さん。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2257

あっという間に新鮮すぎる剣先イカのお造りができあがりました!

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2274

まだ生きています。想いが詰まったお料理、愛情持って食します。少々お値段高めでも食べる価値がある逸品でした。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2289

 

 

グランドメニューからは『地鶏のお造り』を頂きます。驚きのコスパ880円!ですが、ただ驚くのが早すぎました。。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2299

食べてこそ、真の価値を知るからです!

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2316

地鶏の美味しさを味わうに相応しい逸品です。

 

もう一つの特徴として、こちらのメニューはページごとに頼みたくなる商品が必ず一品現れるところです。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2232

家族連れも多い客層においてみんなが食べたいメニューがあるかどうかも重要です。その点においても、多彩なフットワークで華麗にも大胆にもなれるメニューで一杯です。写真が載っていないメニューも頼むとサプライズな一品に早変わり!

 

ポテトサラダ 480円税抜き

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2341

見た目はどう見ても丸ごとレタスですが、中身はポテトサラダでした。

蠢励↑荵・コュ_迴セ蜒丞セ・DSC_2348

見せる、見せる、見せる、と来て敢えて見せない!このメリハリにまた魅せられます♪

 

 

・・・

 

 

いかがでしたでしょうか?とかく最初のオーダーは『何でも良いよ、好きなもの頼んで!』と仲間内の会話で言ってしまいそうですが、こちらのメニューは最初から全力で頼みたくなるメニューでした。オーダーは全力勝負、それだけのハイリターンがありますから。もちろん全品クリーンです!

 

取材店舗様

志な乃亭 鶴見本店

大阪府大阪市鶴見区浜2-1-29

050-5799-2813

月~金
11:30~14:30
17:00~23:00

土・日・祝
ランチ・ディナー 11:30~23:00

 

 



お問い合わせ