快適な温度を探れ!夏に向けて知っておきたい室温の話。熱中症対策も!

85 view

早くも沖縄が梅雨入りし、今年も不快な思いをするのかと気は早いですが頭を悩ませています。温度もぐんぐん上がっている中、5月1日よりクールビズが開始されています。そんな折に適温とされる室温が不快!?との声が政府から発言されたとか。。ジメジメしたりカンカンだったりと忙しくなるシーズンを前に飲食店にとって快適な温度とは何かを探ります。

 

 

 

クールビズ 室内28℃はなんとなくだった!?

夏に室温を28度にして軽装で過ごし、消費電力を減らす「クールビズ」について、旗振り役の環境省の関芳弘・副大臣が11日、首相官邸で開かれた副大臣会議で「28度は不快な温度」などと述べる一幕があった。同会議では、盛山正仁・法務副大臣が「なんとなく28度でスタートし、独り歩きしてきた。働きやすさの観点から検討しては」と見直しを提案。盛山副大臣は2005年のクールビズ開始当時、環境省で担当課長でもあり、関副大臣も「(28度は)無理があるのではないか。実はかなり不快な温度。科学的に検討を加える」などと応じたという。やり取りを伝え聞いた同省の国民生活対策室の担当者は、「28度はあくまで室温の目安。見直す予定はない。冷房の設定温度は職場の環境、働く人の体調などに応じて決めてほしい」と困惑した様子だった。

個人的にも暑がりな私は、いけないと思いつつ26℃がデフォルトであります。それでもまだ暑いと感じることも(汗)では実際に飲食店はどうなのか?次の見出しで気になる室温を見ていくことにしましょう。

 

 

 

飲食店の適温は何度か?

一般家庭でのエアコン設定温度として最適と言われている「28℃」に対し、接客業での最適温は一般に「26℃」と言われています。火を使う環境下においては、2℃下げる意図は理解できます。ですが、エアコンの表示温度は必ずしも室温と一致するわけではありません。

エアコンの温度センサーが全面から上面の吸気口部分にあり、冷たい空気が足元にたまりやすく暖かい空気は天井付近にのぼっていくという関係から、(古いエアコンであれば特に)設定温度よりも冷たい風が足元に集中してしまいます。結果として、エアコンのセンサーが感知している温度と、室内の体感温度の間に2℃ほどの乖離が生じてしまうことがあります。これでは、冬場であれば十分な暖房効果が得られず寒いまま、夏場であれば冷房が効きすぎた状態になってしまいます。

設備投資を気にしないのであれば、このような構造上の欠陥を補うために天井にファンを設置するなどして室内温度を均一化するのも得策です。しかしなによりもまず大切なのは、エアコンの設定温度だけではどうしても生じてしまう室内温度のムラについてお店側でしっかりと把握しておくことが必要なのです。

 

 

 

気をつけたい厨房内での熱中症

先日、海鮮業態の居酒屋さんで撮影を行った時のことですが、夏が旬の岩牡蠣を炭火で焼くシーンになったとき、カメラマンからそこに居合わせるスタッフ全員が汗だくになりながら何とか取り終えるという一幕がありました。火に慣れていない私はまともに立つこともできず、これが長時間に渡ることをイメージするとクラクラしてしまいました。

そこで気を付けて頂きたいのが厨房内での熱中症です。実際に発症してしまうケースが多く産業医からの注意が呼びかけられています。その要因としてまず、一般の家庭よりかなり強力な火力を使います。また、始終、熱湯を沸かすことによる湯気が充満し、始終水が流れている湿度の高い環境です。エアコンがあっても、いっせいに仕込みをする時間帯やランチタイムなど激しく火力を使用する時間帯では、室内は30℃以上があたりまえ、場所によっては40℃近くなるなど、まさに高温多湿な環境となります。

小さな食堂の調理場では、裏戸や窓を全開にして風の通りを良くしているところもありますが、多くは風の通りが悪い密閉された室内となっています。また、直接に火力を浴びていなくとも、オーブンなどの熱を持つ厨房機器からでる輻射熱は室内の気温とは関係なくカラダの温度上昇を招きます。

つまり調理場は、熱中症・脱水症になりやすい働く環境といえるのです。とくに、中華系の調理場は、熱効率のいいコンロを一日中使っていますから、調理場で作業をしているだけで大汗がでる環境といっていいでしょう。日頃から一層の注意が必要です。

 

 

 

まとめ

お店を経営される方にとっては、お客様はもちろんのこと従業員スタッフにも気配りが必要であることが分りました。1℃の体感温度でビールの出数に大きな差が生まれるといいますが、営利目的にとらわれていてはお客さんの多くを不快にさせ、結果滞在時間を縮めることにつながります。文中でもありましたように、エアコンだけに頼らず自ら温度計測し、スタッフとのコミュニケーションによって快適な室温を探ることが必要だと感じました。こまめな温度管理が快適な室温を保つのかもしれませんね。

 

 

 

img_7299

Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。汗かきな私にとって、ビールのアテは良く冷えた室温です。食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。



お問い合わせ