MDLデザイナーが選ぶ朱色毛筆ペン、買うならこの一本!

449 view

お品書きでアクセントをつけることができる朱色毛筆ペン、皆さんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
おすすめしたい料理名にあしらいを足せば視覚効果によって商品を際立たせて見せることができます。
居酒屋や割烹料理屋などで主に使われる傾向がありましたが、最近ではバル業態のメニューでも朱色がおしゃれにはまって見えるとして活用範囲を広めてもいるようです。

またこの時期は春メニューに向けての開発も真っ只中かと思います。手塩にかけた料理ですからメニューデザインもひと手間かけて訴求したいですよね。流れからして、『今回は朱色を使ったデザイン特集5選をご紹介します!』みたくなっていますが、メニューデザイン研究所(以下、MDL)らしいよりニッチな切り口のテーマをご用意してみました。

 

題して、MDLデザイナーが選ぶ朱色毛筆ペン、買うならこの一本!

勝手申しますが、知っておくといざという時に得をする、今回もそんな内容でお届けしてまいります。

 

目的とルール

近々迎える春メニューの作成を前に、朱色毛筆ペンを使って訴求したいとお考えの皆さん。売り場に行っても意外と種類があって迷うそんな皆さんのためのお役立ち情報です。メニューに適したペンなんてそもそもあるのだろうか?そんな声にMDLデザイナーが最高の一本をご提案します。

 

 

①市販の朱色筆ペンを5本をチョイス。

IMG_2292

価格情報が採点に影響しないよう、最初の段階では伏せてあります。

 

 

 

②共通フォーマットで試技

IMG_2286
テキストフォントを使用した左の見本を参照にして、朱色の部分を手書きし比較します。

 

 

③採点表を元にメンバー7人が個別回答を行い総合得点で順位を決定します。

筆ペン採点表
各項目ごとに5点満点で採点してもらいます。コスパは試技終了後に価格情報を公開します。

 

 

④それではモニタリング スタート!

IMG_2251

 

 

同じデザイナーでも字が上手な人
IMG_2246IMG_2244

 

おすすめが、むすめに見えてしまう程にちょっと危うい人もいるけれど
IMG_2239

 

 

採点には影響しないから気にすることないよ、石原君。
IMG_2242

 

 

30分程、時間をかけて試技終了です。続いて個別の採点へと移ります。
IMG_2249

 

 

結果発表

メンバーの中には書いている途中でペンによる違いの差をはっきり見極める達人もいましたが、結果はどうなったんでしょうか?総合順位から発表します。

 

 

 

栄えある第1位はどのペンに!?

IMG_2294

 

総合第1位:D.あかしや水彩毛筆 彩 SAI(172円)127/175pt

総合第2位:E.朱墨 くれ竹筆(424円)113/175pt

総合第3位:C.朱墨ペンテル筆(453円)105/175pt

※購入先、ヨドバシカメラ梅田店

 

見事総合1位に輝いたのは何と最も価格が安い、D.あかしや水彩毛筆 彩 SAI 172円でした!
第2位にはE.朱墨 くれ竹筆 424円が入り、3位には最も価格が高いC.朱墨ペンテル筆 453円
 がランクインする結果となりました。

 

 

 

総合得点表を見てみますと、

IMG_2296

第1位のD.あかしや水彩毛筆 彩 SAI(172円)が、【書き心地】・【発色】・【コスパ】の3冠を達成。第2位のE.朱墨 くれ竹筆 (424円)は【グリップ感】・【筆幅】の2冠に輝きました。

 

 

 

まとめ

意外性をはらんだ結果となりましたが、Dの.あかしや水彩毛筆 彩 SAI(172円)に高得点を入れたメンバーは書道初心者が多く含まれることが後になって分りました。またC.Eに高得点を入れたメンバーは書道の有段者や経験者が多かったりと傾向が二つに分かれました。

その要因としてDの.あかしや水彩毛筆 彩 SAI(172円)は毛筆の先端が細いため書きやすく作られている対し、C.Eは加える力に寄って毛筆の強弱が生まれる作りのため、初心者には扱いにくいと感じたせいかもしれません。この点からもペンを選ぶ際のご参考になれば幸いです。

 

 

 

おまけです

以上で朱色ペンレビューは終了しましたが、サンプリングした短冊がかなりの量にふくれあがったためこの中でどれが一番素敵なメニューかを決めることになりました。

 

 

デザイナー同士の意地がぶつかり合う中、この膨大なサンプルから見事選ばれたメニューは

IMG_2282 IMG_2283

 

 

 

MDLのセクシーリーダーこと、中尾リーダーのメニューに決定!

IMG_2255

本人も納得のどや顔を頂きました。ありがとうございます。 中尾リーダーには何かセクシーなものを送ります。

 

以上、MDLデザイナーが選ぶ朱色毛筆ペン特集でした。

 

 

 

img_7299Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。

 



お問い合わせ