【飲食店のSNS集客】効果ある?長続きする方法は?

FacebookやInstagramといったSNSはその手軽さからお店の販促や集客にも利用されるようになりました。しかし、効果はあるのか?と半信半疑で続けている内に止めてしまっていることも少なくないようです。今回はSNS集客を行っている飲食店の統計を元に効果の真意を探ります。

 

 

どのタイプのSNSを利用していますか?

どのタイプのSNSを利用していますか?

出典:調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)回答数:150名 調査期間: 2017年8月28日~2017年9月3日 調査方法:インターネット調査

お店で運用しているSNSの種類について(複数回答可)をまとめたグラフです。最も利用数が多かったのは「Facebookページ(71.3%)」。次いで「Instagram(36.7%)」、「Twitter(33.3%)」、「LINE@(20.0%)」と続きます。また、「SNSは運用していない(22.7%)」という回答も見られました。

“インスタ映え”が社会現象となり、若者を中心に人気を集めるInstagramだが、販促活動への活用はFacebookに比べるとまだまだといったところ。幅広い年齢層にアプローチできるFacebookの訴求力に期待している店舗が多いようです。

 

 

投稿頻度はどれくらいですか?

投稿頻度はどれくらいですか?

出典:調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)回答数:150名 調査期間: 2017年8月28日~2017年9月3日 調査方法:インターネット調査

次にSNSの投稿頻度についての統計です。その結果、「1日に数回くらい(5.3%)」「1日に1回くらい(14.0%)」と毎日更新している店舗は少なく、合わせても2割程度。逆に最も多かったのは「数日に1回くらい(35.3%)」という回答。「それ以下(22.0%)」と回答した店舗も2割を超えるなど更新頻度が少ない店舗の方が多い印象。

しかし、更新頻度の高さは、SNSの効果を得られるかどうかの大切な鍵となります。更新頻度が「1日に数回くらい」、もしくは「1日に1回くらい」の店舗を対象に、さきほどの「効果」に関する質問を照らし合わせたところ、約83%の店舗が、なんらかのSNSで「効果を実感している」と回答していることが分かりました。更新頻度とSNSの効果には、相関関係があるといえそうです。

 

 

効果を得られたと感じたSNSのタイプは?

効果を得られたと感じたSNSのタイプは?

出典:調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)回答数:150名 調査期間: 2017年8月28日~2017年9月3日 調査方法:インターネット調査

とはいえ、他のSNSの効果が無いかというと、そうではありません。前述した各SNSの利用者数を元に試算(効果を実感している人数÷利用者数)してみると、「Facebookページ」が61.7%、「Instagram」が45.5%、「Twitter」が42.0%、「LINE@」が36.7%となり、Facebookに及ばないまでも、各SNSで効果を実感している飲食店経営者が一定数いることが分かりました。ただ、その人数は約4割にとどまり、各店ともに試行錯誤の途中であることが窺えます。

 

SNS統計のまとめ

基本的には無料のSNSで集客の効果を得ていることも事実であることが分かりました。しかし、まだまだ使いこなせていない感があることも見て取れます。次の章ではその理由を明らかにします。

 

 

SNSの更新が続かない3つの理由

投稿の更新が続かない

8割を越す人がSNSでの集客を試しながらも、効果を感じている人は4割にとどまるというのが先の結果でした。SNSの効果を感じられない理由のひとつに、投稿の更新頻度が関係していることも分かりました。手軽さがウリのSNSでさえ、毎日できない、続かない、、その理由とは何なのか?想定できる理由3つをあげてみました。

 

1.楽しくない

根本的なことですが楽しさを感じられなければ長続きはしません。これはSNSにおいても同様です。思うような「いいね」がつかなかったり、フォローワーが増えないことが逆に作用することでいつの間にか更新し続けることが億劫になってしまい止めてしまうというケースです。

 

2.ネタがない

何を投稿してよいのか分からないというケースです。最初の内は初めてのこともあり自己紹介などネタは尽きることのないように思えますが、1ヶ月もすれば他に何を投稿してよいのかとネタが思いつかず面倒くさくなって止めてしまうというケースです。

 

3.気負ってしまう

“インスタ映え” に象徴されるように、 フォローワーの反響を気にしすぎることでネタはあっても足踏みしてしまうことが一つとしてあります。ただ過度なプレッシャーを感じてしまうことから単に投稿してしまうことを止めてしまうというケースです。

 

せっかくのフォロワー数も止めてしまっては水の泡です。更新が途切れたアカウントは逆効果を招く恐れもあります。そもそもSNSは誰かに促されてやるものではないことを改めて理解することも必要です。期待に答えなければいけないという考えをすてて、思うがままに楽しんで投稿することが長続きの方法なのです。

とは言うものの、楽しい投稿って何?ということになります。楽しいことについて次章では探してみました。

 

 

料理(メニュー)がSNSに向いている3つの理由

メニューがSNSに向いている理由

SNSでの集客を試された方はお店の料理(メニュー)の写真を撮影してコメントと一緒に投稿されたことがあるはずです。一見普通の投稿のように思えますがこの料理(メニュー)こそが飲食店にとってのキラーコンテンツといえるのです。SNSでの集客に向いている理由を3つを挙げてみましょう。

 

1.料理(メニュー)はネタの宝庫

『毎日毎日投稿するネタがない。。』これは更新が続かない理由のひとつでもありましたが、そんな方にもおすすめなのがメニューです。料理(メニュー)こそがお店にとっての一番の稼ぎ頭な訳ですからこれを使わない手はありません。“日替りメニュー” であれば変わり映えもあり目を引くコンテンツになりますし、もしそれがないとしてもグランドメニューから ”本日のおすすめメニュー”として抜粋すればよいでしょう。これならネタに困ることはありません。

 

2.写真を武器にできる!

”インスタ映え” はその最たる例といえますが、料理は写真にすることでより伝わりやすく共感を得やすいコンテンツになります。この写真の力を最大限に利用しましょう。例えば、迫力のある盛り付け、ボリューム、シズル感、ライブ感等、その料理が持つ一番の特長を際立たせてあげることが重要です。

 

3.季節によってぴったりな料理で集客できる!

季節の食材や料理(メニュー)を投稿することで、その時期にぴったりな来店動機をつくれるのも料理(メニュー)の力です。寒くなってきたら温かい鍋ものを、夏の暑い日には冷え冷えのビールの写真ひとつが共感を呼びます。リアルタイムで投稿できるSNSのメリットをこちらも最大限で利用しましょう。

 

 

メニューエクスプレスもSNS向きな件

メニューエクスプレスプロ

スマホひとつでA4のメニューPOPが作成できるアプリがメニューエクスプレスです。一般的には印刷して利用される傾向にありますが、スマホひとつで解決するアプリだからこそSNSでの集客対応も実装しています。実際に利用されているユーザーさんのFacebookページをのぞいてみますと、

 

いつもはシンプルに投稿

アロハ食堂makamaka様 Facebookページより

お店のロゴだけを右下に添えてシンプルに料理の情報を投稿されています。

 

メニューエクスプレステンプレートを使って投稿

アロハ食堂makamaka様 Facebookページより

新メニューや季節メニュー等、特におすすめしたい時はメニューエクスプレスのテンプレートで実際にメニューにすることで写真以外にも価格やその他の情報が一瞬で伝えることができます。テンプレートも自分のお店にぴったりなものを選べるのでトーンもばっちり決まります!

その時の気分に合せてテンプレートを選んで頂いてももちろんOKです!

 

 

最後に

SNS集客は一発逆転を狙うより、こつこつと無理なく毎日続けることが繁盛への近道ということが分かりました。伝えるコンテンツはお店の料理(メニュー)ですから、ローテーションを組めばネタに尽きることはありません。これに日替りや季節メニュー、イベントと組合せることでお店からの伝えたい情報をより強めることができます。紹介しましたメニューエクスプレスとSNSの組み合わせも使わない手はありません。無料で無理なくできるSNS集客をお試しください。

 

今すぐMenu Expressをダウンロードする▽▽▽

SNSの利用はこちらの記事からご覧頂けます。▽▽▽

MenuExpressの使い方その5

 

 

img_7299Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。フードアナリスト3級取得。今年の新米も出来は上々です。食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。