メニュー作成アプリのメニューエクスプレスから5月にリリースした店頭専用テンプレートは、従来にはなかった ”組み合わせて使う仕様” が早くも反響を呼んでいます。今回は既存ユーザー様の本テンプレートの導入に立ち合い仕上がり状況を確認してきましたのでご覧ください。

 

店頭専用テンプレートとは?

なにわ花子_夜従来のテンプレートは「一商品=一メニュー」を推奨としたデザインのため、並べて利用すると情報が混在し、メニューが分かりにくくなるのが欠点でした。このようなユーザー様の声を元に、複数枚で組み合わせても遜色のないデザインを持つのが店頭専用テンプレートです。

 

導入に至った大阪の「なにわ 花子」さん

なにわ 花子

メニューエクスプレスユーザーの「なにわ花子」さんに店頭専用テンプレートの導入をして頂けました。店頭・店内にたくさんのテンプレートをご利用頂けていますが、そんな花子様にも悩みがありました。

それは新規の客数の低下です。駅近の好立地とあり、宴会シーズンには予約が殺到する反面、オフシーズンは常連客の来店がほとんどで思うような新規顧客の獲得ができずにいました。

 

「なにわ 花子」さんの問題点をまとめると

  1. 新規顧客の数が最近伸び悩んでいる。
  2. 人の流れはあるものの呼び込めていない。
  3. 店頭POPは見られても素通りされてしまう。

 

こちらのお店にはB1(W728×H1030mm)サイズの大型店頭看板を使用されていました。両面で使える仕様のため、ランチとディナーでの使い分けもされていました。集客ツールがあるにも関わらず新規顧客が増えない理由をオーナーである石川さんはこう分析していました。

 

オーナー石川さんの分析

店頭で使用されていたB1サイズの店頭看板(ディナータイム用)

  1. お店のいいたいことが多すぎてごちゃごちゃしている。
  2. 写真を生かしきれていないのではないか?(小さい・多すぎる?)
  3. 文字が多い割に情報が入ってこない。(文字数が多いことが逆効果?)

 

このような分析理由で石川オーナーは店頭専用テンプレートを導入。施工後の写真がこちらです。

 

 

導入後の店頭看板

テンプレートごとに伝えたい情報が整理されているため非常に分かりやすくなりました。また写真は以前と同じ物を使用していますがテンプレートデザインの効果で、大きく・綺麗に・美味しく見せることができています。店頭専用テンプレートがこの問題をスマートに解決していることは一目瞭然ですが、パーツごとのテンプレートがどのように機能しているか解説します。

 

おすすめテンプレート

おすすめメニューテンプレート

お店の一押しメニューを写真付きで訴求できます。また営業時間も昼、夜と掲載できるのでお店のプロフィールとしてご利用できます。

 

名物メニューテンプレート

名物メニューテンプレート

お店の名物がまぐろと鶏だということが同時訴求できています。

 

お店が売りたいメニューも4連でズラリ

更におすすめテンプレート

ここでは1枚をB5サイズにすることでできるだけ多くの名物料理を訴求できます。

 

宴会予約もテンプレートで

ご予約・宴会テンプレート

左下のテンプレートには電話番号を自由に書き換えられ、右下には宴会コースの案内を掲載できます。

 

新規客の集客を強力にサポート!

ランチテンプレートのビフォーアフター

ランチメニューもテンプレート効果で見やすく一新!

ランチメニューもこのとおりです!メニューエクスプレスは画像の差し替えもスマホで簡単にできることも魅力だと石川オーナーはおっしゃられていました。今後この店頭専用テンプレートがどのようにお店のご繁盛に貢献していくか?これからも引き続き取材させて頂く予定です。またこちらの模様はMEDIYで配信していきます。

 

 

 

今すぐMenu Expressをダウンロードする▽▽▽

この投稿は役に立ちましたか?
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事