【実績紹介】”い~い、湯だな♪” の後は、、、”い~い、メニューだな♪” 鶴見緑地湯元 水春

99 view

メディアをいつも見て頂いている皆様、いつもお疲れ様です!
ゴールデンウィークが明けて早々、いきなり繁忙状態であたふたしている皆様も
多くおられる今日この頃かと思います。

お金は貯まらないが、ストレスは溜まる。。。こんなにも早く、、いとも簡単に。。。
そんな時、皆様はどんなストレス発散をしていますか??
例えば、、
「運動して汗をかく!」
「おいしいものを食べる!」
「マッサージに行く!」
「ひたすら寝る!」
などの方法が代表的ではないでしょうか?

それが一気に実現できる施設を紹介します!
その名は「水春 鶴見緑地店」さんです!

 

 

 

”癒しの全てがある空間”

引用:http://suisyun.jp/tsurumi/onsen.html

こちらの施設では体が喜ぶことならなんでも揃っている場所なのです。まずは、運動出来るスペース”B-fit”!
しっかりフィットネスに励み、汗を流せます。
その隣には天然温泉がわきでる水春があり、大型露天風呂からサウナに岩盤浴まで1日ではもて余すほどのスケールです。
マッサージするなら”癒し処 ゆめみ”!
あたたまった体をほぐして、さらなるリフレクソロジーを。
後は寝るだけ、”寝ころび座敷”!
もうここに住みたいわ、、、そんな心中になる事、必至です!

 

 

 

来店されるお客様を具体的にイメージしたメニュー作り


そして、同じ館内にあります、お食事処が水春亭さんです。今回はこちらのメニューデザインを作成させて頂きました。
様々な世代の方が来られる温浴施設においてあらゆるニーズにも応えられるメニューが前提としてありました。

例えば、高齢の方、ファミリー、カップルなど、、、。
皆様にとって、メニューは見やすく、分かりやすく、選びやすいものでなくてはなりません。
そのために特に意識したポイントが、
・ほぼすべてのメニューに写真を入れてイメージしやすく。
・どの商品がいくらか分かりやすく。
・今開いているのは何のカテゴリーのページかすぐにわかるように。
上記は、メニューとしては根本的で”当たり前”とされるポイントでもあるのですが、
それがメニューにとっての”原点”でもあるので、徹底的に注力しました。憩いの場にとって、メニューも優しさが求められるのです。

 

 

 

発汗の後の多様なニーズを満たすメニュー達


ひとっ風呂浴びた後の食事はどんなものを選びますか?
例えば、、、
「旅館気分を味わえる、色々食べられるものがいい!」
「新陳代謝を上げてもっと発汗したい!」
「体を労わって、健康的な食事にしたい!」
あります、あります、全部あります!


旬のものからお肉まで色々食べられる”水春御膳”に
発汗作用を促してくれるこだわりスープの”スンドウブ”に
石臼で挽いた風味豊かでヘルシーな”蕎麦”まで
品ぞろえがとにかく豊富です!
どれもいい、、、迷う、、、この迷える時間が、至福ではないでしょうか?

 

 

 

最後の〆が”感動”を与える、秀逸な”くま”


“冷たいビールと美味しい食事を頂き、幸せ気分の中。
やはり冷たいもので〆たくなります。。
デザート、、、デザートと探していると発見!
写真で見た瞬間に、「でかっ!」と思わず声が出てしまった、その名も”しろくま”。
ふわふわのかき氷らしく、迷いなくオーダー!


…はよ食べたい。。

さほど待たずして出てきたくまさんは、驚きのでかさ!
周りのお客様もかなりの確率で注文をされており、大きさのあまりシャッターを切る!切る!

そんな光景に胸を躍らせながら、わくわくを抑えきれずに一口。。
「え、溶けた。。」
も、もう一口。。
「もう溶けた。。」
これは本当に食べた事がないかき氷です!
また、温泉後という事もあり、体をうまーくクールダウンさせてくれる
至極の一品で、最高な気分に浸りながら水春を後にしました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
メニューはデザインだけを意識すればいいものではなく、
どの場所でどんな方が来られるかをしっかり意識して制作しなければなりません。
そのために私たちはメニューを制作する前も後も、取材に行く事を心掛けております。
そんな基本の動きこそが、お客様のニーズを満たすたった一つの近道だと思います。

 

 

鶴見緑地湯元 水春
【所在地】  〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園1-37
【最寄駅】  地下鉄鶴見緑地線 鶴見緑地駅より徒歩2分
TEL:06-4257-1126

 

 

 

img_7299ご繁盛プランナー  唐沢 靖幸
1982年2月23生。大阪府柏原市出身。営業本部大阪本社在籍。実践用護身とプロテインをこよなく愛する唐沢が執筆させて頂きました。


お問い合わせ