【スマホ撮影術!】知ってると見た目に差がつく、iPhone機能編 + おまけ

347 view

メニューをご自身で作成されている方も多いと思います。
その中でも写真撮影で悩まれている方も多いのではないでしょうか?

その解決策として、高いデジカメを買うのか?
それとも写真セミナーに通うのか?

良い撮影をするには高いコストと手間が必要なのかと考えてしまいます。
できるだけなら抑えたい!尚のことなら無しにしたい!!ですよね?

今回はiPhoneに的を絞り、あなたの撮影テクニックの可能性を広げるテクをお知らせします。
題して、スマホ撮影術 ~機能編~ ご覧ください!

 

 

意外と知らない、機能とその技術

iPhone7が現在の最新機種発売となりますが、何も最新機種を購入しなければ受けれないサービスではないのでどうぞご安心ください。OSのアプリケーションを更新していれば受けられるサービスなので、まだお済でなければこちらの設定だけお願いいたします。

 

 

1.グリッド表示でアングルがラクラク!

img_0475

意外と知られていない機能の一つに、カメラのグリッド表示があります。グリッドとは、写真をより美しく撮影するための補助線です。補助線であるグリッドを使いこなせるようになると、よりiPhoneでの写真撮影が楽しくなるだけではなく、料理をより美しいものにする事が出来ます。具体的にグリッドとは、撮影画面を9分割してくれる縦に3本、横に3本と引かれている線です。もちろん、この線は撮影時だけ表示され、撮影した写真には映りません。

 

iPhoneのカメラのグリッドを表示させる方法

1.「設定」から「写真とカメラ」を開きます。

2.その中の「グリッド」が初期設定ではオフになっていますので、オンにしてください。

 

手順はたったこれだけです。グリッドをオンにしたら、カメラを立ち上げてみてください、グリッドが表示されるようになっているはずです。
グリッド線が必要ない場合は先ほどと同じ手順で今度はグリッドをオフにしてください。

※これはios7以降の設定方法です。

 

グリッドの使い方

グリッドの意味は簡単に補助線と考えて良いでしょう。画面を9分割するこのグリッドには様々な活用方法があります。

例えば、撮影したいものが写真の中央にあるのかどうか確認しやすくなりますね。また、線がある事で傾いてしまいがちな風景の撮影等も簡単に真っ直ぐにする事が出来ます。

つまりグリッドを利用する事で、構図をしっかりと決める事が出来るという事です。異なる料理を同じ構図で撮りたいときなどは正確に、人の手を借りずにできてしまう機能です。

 

 

 

 

2.「AF・AEロック」でピントと露出の達人になる!

img_0481

過去に誤ってボタンを押した際、このAF・  AEの表示がモニターに現れ、知識がなかった私はホーム画面を押してリセットしたことがありました。そんな経験みなさんもございませんか?一眼レフでもコンパクトデジカメでも、オート時にシャッター半押しでピントや明るさ(露出)を合わせるのは重要なこと。露出はAE(自動露出)、ピントはAF(オートフォーカス)と呼ばれており、半押しでAEやAFを固定することを、AEロック、AFロックといいます。方法は至って簡単です!

 

AE ・AFロックをする方法

1.iPhoneのカメラ画面で、AE / AFロックをしたい部分をしばらく押す(長押し)。
2.画面中の青い四角が2回大きくなりつつチカチカしたら指をはなす。
3.画面下に「AE / AFロック」の文字が表示されたら設定完了。

これだけです!簡単ですよね?

「AF・AEロック」をしなくても撮影はもちろん可能ですが、カメラが自動でピントと明るさを決めてしまいます。意図しないピントや明るさになってしまう場合があるので、それを避けるためにも「AF・AEロック」は欠かせない機能です。

 

 

 

 

3.本当の意味を知らないと怖い、HDR機能

こちらも意外と知らない機能なのが、HDRです。この機能の特製を、より綺麗に撮影する機能と誤って使用するユーザーが多いのもこの機能なのです。

 

HDR機能とは…

HDRとはハイダナミックレンジ合成の略称で、写真で表現できる明暗の差を言います。

白トビや黒つぶれが発生しにくくなり明暗差が大きい状況(風景や逆行)での撮影に役立ちます

料理を撮影される皆様には気をつけて欲しいのが、常にこのHDR機能が適しているとは限らないということです。

 

HDR機能の苦手な条件

左:HDR機能 OFF /右:HDR機能 ON

 

・動きのある被写体

HDR機能を使うと手ぶれが発生しやすくなってしまいます。さらに動きのある被写体となる手ブレしやすい写真になりやすくなります。

 

・色鮮やかな被写体

暗すぎたり明るすぎたりする場所であれば、HDR機能によって、より鮮やかな色を再現できます。しかし、既に十分色鮮やかな被写体を撮るときに使うと、鮮やかさが逆に消えてしまいます。そのため、料理を撮影する上では特に必要ない機能と言えます。私もそうでしたが、機能をオンにしたことで綺麗に見えるどころか、彩度を損なってしまうおそれもありますので状況を見極めてご使用ください。

 

 

 

おまけ編  写真文字入れアプリ

160629s_07

引用:http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2016/06/photo_app/

写真と料理名だけでは情報が不十分だと感じることはありませんか?中身は何が入っているのか。どこの食材を使っているのか、と詳しく説明を求められるシーンを体験されたこともあるのではないでしょうか。でもこのアプリを使えば撮影した料理に矢印を引っ張って名前を直接書き込むことができます。一枚の写真が一瞬でメニューになってしまう秀逸アプリです!

This by Tinrocket
https://itunes.apple.com/jp/app/this-by-tinrocket/id1067596534?mt=8

 

いかがでしたでしょうか?知っているか、知らないかで写真のできばえが違うことを今回分かっていただけたのではないでそうか?今回のスマホ活用術に続き、次回は実践を伴うアングル編をご紹介いたします。どうぞお楽しみください!

 

 

引用サイト

グリッドとは?使い方をマスターして上手に撮影

AE/AF活用術

iphoneの使い方や裏技をしょうかいします

 



お問い合わせ