秋先取り!メニュー開発者必見の秋スイーツ6選

9月も今日で終わりですね。振り返ってみますと、晴れない日が多い月でした。

天候の影響は客足を鈍らせ、全国的に飲食業界の売上げは低減とこれもまた晴れないニュースが。

 

このまま年末商戦に走るにはやや助走不足ですよね。。

 

そこで今回は秋本番を迎えるこの時期に、ぴったりな企画をお送りします。題して、『秋先取り企画!メニュー開発者必見の秋スイーツ6選』をご紹介します。魅力的な秋スイーツとそれを提供するお店を集めてみました。

 

〆のデザートで客単価アップするも良し!話題性溢れる商品で集客力を上げるも良し!!景気づけの1本をどうぞご覧ください!

 

 

 

①トレンドはコンビニにある!売れ筋ランキング第一位はコレだ!

rankingshare-785a2e406ce711e6b59d06f78209233f22c1051ed3cb2adcbe

出典:mognavi.jp さつまいものモンブラン【ローソン】 295円(税込)

ホイップクリームのコクで全体が上品な仕上がりに♪
ゴマの香ばしさが絶妙な存在感!!
お芋の良いところが凝縮された贅沢なモンブランだったよ(*´∀`*)

出典:it-toshi.com

コンビニ王国日本。商品毎の陳列棚を見れば、トレンドまでも見渡せるバロメーター的存在です。そんな数多の情報と商品の中から見事に秋スイーツ売れ筋ランキング第一位に輝いたのが、ローソン販売の“さつまいものモンブラン”です。モンブランと言えば栗ですが、今年の秋はさつまいもが人気のようです!これは要チェックですね。

 

 

 

②ニュースになるハロウインコラボ限定メニュー

20160923_eggsnthings001

左から)ハロウィンスペシャルパンケーキ 1,400円+税 ハロウィンスペシャルドリンク 550円+税

2015年に登場した紫色のパンケーキがパワーアップした。ハロウィンの夜をイメージしたムラサキイモソースをかけたパンケーキが、血の海のように真っ赤なラズベリーソースとブルーベリーの中に入っておどろおどろしい雰囲気が演出されている。

引用:公式プレスリリース

サービス開始は10月1日からとなりますが、早くも話題を集めているのがエッグスシングスのパンケーキです。見た目のインパクトもあり、グルメサイト以外のメディアでも数多く取り上げられています。兼ねてより人気のカフェですが、季節ものを確実に商機として捉えるところは流石です!季節ごとのメニューがニュースになれば、最低4回は集客のビッグゲットができる!これは大きいです!

 

 

 

③あのチョコレート専門BARの秋メニューはピザ×さつまいも!

img_0506

行列が絶えないカフェとして人気を集めているのが“MAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナー チョコレートバー)” です。チョコレートをコンセプトにデフォルメされた店内は、童話に出てくるお菓子の家を実写版です。こちらでも秋限定のチョコレートスイーツが、9月1日から11月14日まで提供されていると聞き、大阪はルクアイーレ店に取材してきました。

fullsizerender-57

スイートポテトチョコレートピザ ハーフ(3ピース) 1,300円

チーズのように糸を引いてますが、これはホワイトチョコレートとマシュマロが溶けたものです。他にはシナモン、スイートポテトのピューレをたっぷりのせてトーストされています。仕上げには、さつまいも、ピーカンナッツを散らして香ばしさをプラスし、秋しか味わえない贅沢で極甘スイーツが完成です。ピザとチョコとの組み合わせはレギュラーメニューにありますが、オリジナルメニューを季節によって変えることでこちらも話題を呼ぶ商品でした。

img_0544

食べきれなくても、無料でボックスを貰えるので気軽にテイクアウトできます。こんなお店の配慮も人気の秘訣でしょうか。他にも店内には物販コーナーもあるので食後もどっぷりチョコレートに浸かれますよ~♪

 

 

 

④季節は変わっても人気のカキ氷、今秋の人気は?

img_0568-1

ICE MONSTER グランフロント店

年々人気が高まるカキ氷ですが、季節は秋を迎えても人気は続いているようです。世界のベストスイーツTOP10にも選ばれる 世界一のかき氷「ICE MONSTER」では、9月の末になってもお待ちができていました。 味付けされた氷を削ると、雪のようにふわりと溶ける新食感が人気の理由です。台湾・台北にある本店では、多い日で1日2,500人以上が行列するなど、台湾人気NO.1かき氷としても知られています。

icemonsterhm_01

秋限定 ハニーミルクカキ氷 1,500円

カキ氷に秋限定メニューがあると聞くと違和感を感じますが、今ままで無かったニーズを商品化しヒットした一例かもしれません。秋限定の“ハニーミルクカキ氷”は9月一杯まで。次は冬限定メニューが登場するのでしょうか?多彩なラインナップで日本でも年間需要が高まりをみせるスイーツでした。

 

 

 

⑤2016年のトレンド、専門店のスイーツがこの際、気になる

img_2559

「cava フロマージュ」は口に入れた瞬間、サバの香ばしい風味がふわっと広がって衝撃を受けるが、食べ進めるとチーズのまろやかな味わいが広がり、ちゃんと甘いスイーツに

2016年の外食トレンドの一つに専門店の台頭がありました。とろさば専門店のSABARがその一つに挙げられ関西から関東への進出が加速している繁盛店です。秋スイーツとは少し離れますが、専門店のスイーツが気になったので調べてみました。

さば料理専門店を展開する鯖や(大阪府豊中市)は、サバを使った洋菓子「さばスイーツ」を開発。京阪神と東京にある店舗「SABAR」で提供する。梅花女子大学大阪府茨木市)がレシピを考案、ベル(神戸ベル、神戸市東灘区)が製造を担当した。美容に良いとされる栄養素を多く含むサバをアレンジしスーツ化に成功。

出展元:http://www.lmaga.jp/news/2016/03/7515/

提供される料理はもちろん鯖が入りますが、スイーツに至るまでこの徹底振りはすごすぎます。素材の特徴と料理のジャンルの見極めができるからこそ実現したスイーツではないでしょうか。

 

 

 

⑥アメリカ最先端のオータムスイーツ!

⑥時短・簡単・コスト削減もできる、マヨスイーツ

qp10001230_1l

マヨネーズで!なめらかかぼちゃプリン

飲食店においてスイーツの開発に頭を悩ませる方が多いと聞きます。他の料理との調理工程が異なるため、手間とコストが必要以上にかかること。また商品化されても調理の負担がかかってしまっては身も蓋もありません。少しでも負担を減らして、リターンが欲しいところですよね。

そこでおすすめしたいのが、マヨネーズを使ったスイーツです。人気女性サイトでも度々特集を組まれる程、じわじわと注目を集めています。人気の理由の一つに簡単・手軽に作れることが挙げられます。バターや卵が無くても代わりにマヨネーズを使えばコストも削減できます。肝心のお味も、コクがアップしたり、サクッと仕上がったりと好評のようです。手軽なので試してみる価値ありではないでしょうか!?

↓マヨネーズで!なめらかかぼちゃプリンのレシピはこちらから。

https://recipe.kewpie.co.jp/recipes/recipe/recipe.php?recipe_no=QP10001230

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?秋のスイーツでくくっても実に様々な顔ぶれに満ちていましたね。すぐ取り入れられるものもあれば、じっくり研究が必要なものもありますが、定番をベースにお店の特徴を入れ込むことが無理なく開発できる方法ではないでしょうか。どのタイプが自分のお店にしっくりくるのか?秋スイーツでお店の特徴を表現してみるのも立派な販促ツールになるとも思います。この記事を元ににみなさまの売上げアップのヒントにつながれば幸いです。



お問い合わせ