1冊のメニューブックから始めるリニューアル

6月の通天閣

まだピンク色(桃のイメージ)だったライティングも緑色(若葉のイメージ)に変わった6月の時。通天閣の衣替えにより、ここ大阪 新世界にもまもなく夏がやってきます。メニューブックが特徴的な玉家さんがリニューアルを終えたとのことで再度訪問してきました。

 

 

6冊の異なるメニューブックがご好評です!

6冊の異なるメニューブックがご好評です!

前回取材した際にもご紹介しました様にこちらのお店では6冊あるメニューブックはどれも異なります。店舗周りをプチリニューアルするにあたりその一つとして目をつけられたのがメニューブックでした。リニューアルのコンセプトは “1点モノ” 一つ一つの素材・料理にこだわる内に、お客さんが手にするもの目にするものにもこだわりたいと思ったことが決め手だったとお二人は話されます。これがお客さんには好評の様で手にとっては他のメニューブックが異なるのに気づき話す機会が増えたそうです。

 

 

 

毎日フェイスブックで配信する “とれとれジャパン” 

毎日フェイスブックで配信する “とれとれジャパン” 

玉家さんのマスターである丹波さんのもう一つの顔は魚屋さんです。毎朝の5時には、和歌山県からの魚を扱う田善商店(鶴橋市場内)に出向き実際に働かれています。そのため誰よりも早く最高の魚を目利きし仕入れることができるのです。玉家の魚はすべて天然で、毎日変わる “本日のおすすめ” を楽しむことができるのです。それを毎日フェイスブックで配信しています。

とれとれジャパン

これを楽しみにしているお客さんも多くおられます。(実際に私もその一人。)お店以外でも毎日続ける地道な活動がファンを作るのだと感じました。

 

 

お刺身盛合せ
お刺身盛合せ

 

太刀魚の塩焼き
太刀魚の塩焼き

 

 

 

店内も自作でリニューアル

店内も自作でリニューアル

メニューブックの導入がきっかけとなり、本格的なリニューアルへと動き出されたのが3月のこと。先に導入していた異なるメニューブックが1点ものとして好アクセントを発揮しているのを見て、店内の装飾もコピー(模造品)にしたくないという想いがより明確になったそうです。お品書きもすべて手書で書くことで、手の込んだ料理と同じ愛情が注がれました。作成時間は倍以上かかるものの、パソコンでは表現できない温かみのあるお品書きが生まれました。

 

今回の玉家さんお事例の様に手書でかかれた原稿を元に、データ化しオリジナルのセミオーダーメニューも作成することができます。

 

 

 

食器も1点もの、見つけ出した丹波焼

食器も1点もの、見つけ出した丹波焼

美味しい料理に合せたい地酒は季節によって異なるそうです。ここにも玉家さんのこだわりが伺えます。また手を添えるとひんやりと心地よい陶器はしっくりと手に馴染みます。時間が経っても冷たさが変わることがないのでいつまでも美味しく、料理にキリリとした華を添えてくれます。お聞きすると、この陶器もリニューアルの目玉ということでした。色々とお店に合う陶器を関西一円くまなく探されたそうで、時には岐阜や名古屋まで足を運ばれたそうです。その甲斐合って見つけ出したのが兵庫県の丹波焼でした。同じ釜入れでも火元からの距離によって焼きあがりに差がでることから、まさにコンセプトである “一点もの” にふさわしいことが発注に至った経緯だったのです。

この丹波焼きにはちょっと続きがあります。それはまた別の記事で紹介させて頂きます。

 

 

 

まとめ

きっかけは1冊のメニューブックから始まった玉家さんのリニューアルでした。お店らしさを出したいと思ってもコストや時間はかかります。その点メニューブックは1点から始められ、お店の特長を表現できるためリスクは低いと言えます。そこから生まれるアイデアを汲み取り、本格的なリニューアルに向けたビジョンが実際に生まれたのでした。 “1点モノ” にこだわられた今回のリニューアルにおいては、メニューブックもおもてなしできるツールであることをお二人から教えて頂きました。お客さんの手に取られることでより愛着も増していくことと思えます。ますますこれからが楽しみな玉家さんから山崎がレポートさせて頂きました。

 

 

玉家(たまや)
所在地: 〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目22−1
電話: 06-6631-4612
営業時間:17:00~22:30(L.O)※ランチしばらく休業となります。
定休日:木曜日

 

 

 

山崎達弥Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。軍鶏の母国はタイって知ってました? 食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。


メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ