メニューを切り替える理由はお店それぞれかと思います。その中で今回は、お店の活気や雰囲気作りにメニューPOPを取り入れられたお店の導入事例です。初めてのご依頼の中で、店内POPが果たした役目について担当営業の梅田がお話を伺ってきました。

 

インタビューイー

有限会社グランドライン

代表取締役
畑本 拓 様

兵庫県三宮に、港町神戸のやたらと魚が旨い店、「ウオサンジ」と、本格炭火焼鳥と創作逸品料理「鶏力」を経営。

 

インタビュアー

メニューデザイン研究所 大阪本社

ご繁盛プランナー
梅田 明歩

 

店内POPの導入インタビュー

プランナー梅田
メニュー導入のきっかっけはお店の雰囲気作りでしたよね?

 

インタビューを受ける畑本オーナー

畑本社長
そうですね。お店はスタッフがつくるものと考えて、実際にスタッフのセールストークも強化していました。相手のお客さんが今何を求めているのか?それが分かれば追加オーダーもとれますし、メニューはそれほど必要と感じていなかったです。

 

プランナー梅田
メニューが必要と感じたのには理由があったのでしょうか?

 

畑本社長
スタッフのスキルによってサービスにムラが生じていることにある時気付いたからです。

 

畑本社長
出来ている子は安定したオーダーを持ってくることができますが、そうでない子もいます。センスもそうですが、経験の差が大きく出るようです。この問題を補うために、メニューやPOPといったツールを導入してみたいと考えるようになりました。

 

プランナー梅田
初めてのご依頼でしたがどのように感じられましたか

 

畑本社長
過去には他社との依頼はしていましたが、メニューデザイン研究所さんの提案はとても興味深いものがありました。まず徹底したヒアリングによって抽出された課題を担当ディレクターの中尾さんからは共有して頂けました。POPにも作る意図に根拠があることを知ることができました。
店内POPを導入するにあたっての狙い
  1. お店の名物商品の見える化
  2. 季節料理の演出
  3. お酒需要の強化。(オリジナルドリンクとお酒に合うおつまみ)
  4. スタッフオペレーションの軽減

 

畑本社長
頭では分かっていても、口にはできていなかったことを、POPは代弁してくれているようでした。大変新鮮味を感じたことを覚えています。

 

初回導入POP

 

プランナー梅田
初回導入の反応はいかがでしたか?

 

畑本社長
満足度でいえば50点です。

インタビューを受ける畑本オーナー

プランナー梅田
うーん、、、50点ですか。。

 

畑本社長
POPで推した商品は元々の人気商品が多く、売上げの数字としては大きな変化がみられなかったことが採点理由になります。まだどちらとも言えなかったのです。

 

プランナー梅田
はい、確かにそうでしたね。そこで、2回目は通常のメニューには載っていない商品をPOPで掲載し効果を計ったのでしたね!

 

 

ウオサンジの店内

夏の宝石と題して、岩ガキをPOPで訴求

 

ウオサンジの店内

店内のどこからでも目に入る奥の壁面に超トマトサワーのPOPを掲載。

 

畑本社長
一回目の反応を見て、次に何を行えばいいかがはっきり分かりました。お陰様で訴求した商品は通常の構成比から高い出数を得ることができました。納品して終わりという会社がほとんどだと思いますが、結果を検証して次につなげてくれる提案は他にはないと感じました。

 

店内POPに求めることは?

プランナー梅田
店内POPを使って今後はどのような運用をお考えでしょうか?

 

畑本社長
今後店舗展開するにあたり、人材教育をしていきたいがどうしても時間がかかってしまいます。冒頭でもいった、人依存になっているオペレーションの改善をメニューPOPでサポートして欲しいと思っています。

 

畑本社長
サービスのブレを埋めて、お店に活気をあたえてくれる店内POPにこれからも期待しています。

プランナー梅田
畑本さん、本日はありがとうございました。

まとめ

プランナー梅田
ウオサンジさんでは、お店の雰囲気つくりからスタッフさんのオペレーションサポートツールとして店内POPの導入をして頂きました。他にもお店の課題はPOPで解決することができます。こちらの詳細につきましては下記の「お店丸ごとメニュー」からご覧になれますので是非!
導入店舗情報
店名:神戸港町のやたらと魚が旨い店 ウオサンジ
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2−2−10
電話:078-599-5632
HP

Facebook

 

この投稿は役に立ちましたか?
1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事