9月8日(日本時間9日)に行われた全米オープンの女子シングルス決勝では、大坂なおみ選手が初優勝を果たした。日本選手の優勝は男子を含めた過去4大大会のシングルスの中でも快挙。世界で最も注目を集める二十歳のヒロインが誕生した。

この記事で分かること

  • 大坂選手の優勝を受け関連企業の株価が沸騰
  • 大坂選手が優勝インタビューで話した食べたい料理が話題に
  • コラボフェアで取材殺到中の飲食店も話題に

「大坂なおみ」人気急上昇中

大坂なおみの人気が急上昇

人気の動向を数値化するGoogle Trends(グーグルトレンド)を見れば、その人気ぶりは一目瞭然だ。全米オープンが始まった8月末から検索数は上昇し、優勝を決めた9月9日以降に期間内で最も人気が高いことを示す100を達成している。

初優勝の喜びを聞かれたにも関わらず、謝罪を行ったことで話題となったインタビュー動画も10日正午の時点でユーチューブで約227万回再生された。また全米オープンの公式ツイッターでも約216万回再生(同日正午時点)されている。

関連企業の株価も沸騰!

  • 10日の株式市場ではラケットを提供するヨネックスの株価が前週末終値比48円(6.85%)高の748円まで一時急騰。
  • 所属する日清食品ホールディングスは同50円(0.69%)高の7,300円で午前の取引を終えた。
  • 優勝の瞬間を独占中継したWOWOWの株価は前週末の時点ですでに高騰し、利益確定売りに押された。

東京五輪で金メダルを狙うと明言している大坂選手だけに関連企業のフィーバーは今後も過熱しそうだ。

関連企業だけではない、ローカルの飲食店が一夜で全国区に

関連企業の過熱ぶりを報じる一方で、この話題性を巧みにフェア化しテレビ取材が殺到する飲食店がある。

▼老舗のとんかつ店が始めた粋な企画

名物小ばやし

大坂北区にあるとんかつ店の「小ばやし」が始めた「大阪 “なおみ” チャンス!!」という企画が反響を呼んでいる。大阪府内に住む「なおみ」さんに、「とんかつ」を無料でプレゼントするというものだ。すぐさま大阪のローカルテレビがこのフェアを取り上げ、これを皮切りに様々なメディアが今日までに報じている。

 

  • ちちんぷいぷい(TV)
  • 近畿ニュース(NETニュース)
  • 梅田経済ニュース(NETニュース)
  • 産経ニュース(NETニュース)
  • Jタウンネット(NETニュース)
  • livedoor NEWS(NETニュース)
  • YAHOOニュース(NETニュース)

※9月12日時点

フェア中の「とんかつ小ばやし」で筆者が見たもの

とんかつ小ばやし1

残念ながら筆者は「なおみ」ではない。しかしこのフェアがきっかけにとんかつ欲にかられ、フェア2日目の「とんかつ小ばやし」を訪れた。

11時40分頃に到着。営業開始から10分程だというのに、カウンター席の6割は既に埋まっていた。昼時でも照明は暗めに落とされており、静寂と気品が店内に漂っている。すると、急に不安が込み上げてくる。

『本当にここで「大阪 “なおみ” チャンス!!」が行われているのか!?』店頭にはフェアを告げる看板やPOPはなく、いつも通りの営業を思わせているのにも気にかかる。

不安になったのも束の間、マイクを持ったレポーターと思しき女性とカメラマンを発見。間違いなくテレビ局の取材だと筆者は確信した。

▼全国放送のビビット(TBSテレビ)が取材

とんかつ小ばやし2

女性レポーターが握るマイクには「ビビット」の文字があり、すぐさま国文太一と真矢みきの顔が浮かんだ。紛れもない全国放送であり、反響の大きさを察した。スタッフの方からの話によると、本日最初のお客様が “大阪のなおみさん” らしい。取材班の囲み取材が隣で始まった。

▼優勝インタビューで話した料理も話題に!

とんかつ小ばやし4

無料プレゼントされる「名物 小ばやしのとんかつ」

大坂選手の優勝インタビューを見た方はご存知かもしれない。優勝賞金の使い道を聞かれた大坂選手は、「とんかつ、カツ丼、カツカレー」と答え、この部分だけをクローズアップしたネットニュースが量産された。そして会場ならずとも多くの日本人を微笑ませた。

このキーワードを自店の商品と融合させフェア化されたのが「大阪 “なおみ” チャンス!!」なのだ。優勝を決めたわずか2日後にスタートさせた驚異的なスピード感もしかり。大阪の商人魂(あきんどだましい)を称えたい。

▼店頭・店内に販促物は一切なし

とんかつ小ばやし3

店内をくまなく見回してみたが、店頭同様にフェアに関する販促物は一切見当たらなかった。それでも取材の問い合わせは後を絶たず、メディアの露出が増えることに来店客数も増えているという。チラシやPOP等の販促費用は一切かかっていないといことも大きい。

店主に初日の来店客数を聞いたところ、フェア当日にも関わらず5名の「なおみ」さんが訪れたという。2日目のランチライムだけでも新たに5名の「なおみ」さんが訪れるなど、反響の大きさに仕掛けた側も驚きを隠せずにいた。

まとめ(コラボフェアのメリット)

  • お店を初めて知るきっかけになる
  • 人に教えたくなる(口コミを誘発)
  • メディアの連鎖が自動的に起こる
  • 販促費用の低減

話題性のある人物が放つキーワードと自店の商品とをコラボさせることで大きなプロモーション効果が発揮することが今回の取材で分かった。また取材後に店舗関係者に話を聞いたところ、13日現在も依然とテレビ取材が殺到しており営業がままならない状態にあるという。一度テレビに出ると、それをチェックした他局からの取材が殺到するメディアの特性も働いているようだ。下記は取材が寄せられたメディア各種。

 

・スッキリ
・サタデープラス
・新・情報7daysニュース
・羽鳥慎一モーニングショー
・産経新聞
・みんなの経済新聞ネットワーク
・Nスタ
・new evry
・ten
・スッキリ
・報道ランナー

 

自店との関連性を探ることで、決して他人事ではないスターの活躍と言えるのではないだろうか。次なるスターの出現を期待せずにはいられない。

 

「大阪 “なおみ” チャンス!!」の概要
※今回ご紹介した「とんかつ小ばやし」の他、「ブルーノHEPナビオ店」でも同様のフェアを開催されています。

詳しくは下記からご確認頂けます。

実施期間:2018年9月11日(火)~2018年9月21日(金)
対象店舗:
「とんかつ小ばやし」(大阪市北区茶屋町4-2)
「ブルーノHEPナビオ店」(大阪市北区角田町7-10 HEP NAVIO 7F)

条件:自動車運転免許証等、「大阪府内在住」であることと、名前が「なおみ」であることを証明できるものをお持ちください。名前表記は漢字、ひらがな、カタカナを問いません。

内容:条件に合うお客さまには、「とんかつ小ばやし」から「名物小ばやしのとんかつ(130g)」、「ブルーノHEPナビオ店」から「ビーフカレー」を一食分プレゼントいたします。

※ 売り切れ等によってご提供する商品に変更が生じることがございます。
※ 今回のキャンペーンで、身分証等のコピー・複写はいたしません。
※ お一人様1回限り有効です。

この投稿は役に立ちましたか?
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事