知って役立つ、お腹の空く色、空かない色。

1,219 view

人間が美味しいと感じるのは、五感(味覚・触覚・視覚・嗅覚・聴覚)の中でも視覚の働きが87%、嗅覚が2%、味覚はわずか1%といわれています。

 

ほぼ見た目じゃん??と思われてしまうのも無理のない数字です。

それに味覚はわずか1%って。。。

と言う事は、味音痴と呼ばれる人は、視覚音痴ってことになりますね。

 

これはこれで発見です!(。A 。 )!

 

今回は料理を作るにおいてもメニューを作るにおいても見過ごせない美味しい≒色彩』のお話です。

 

 

 

知って役立つ、お腹の空く色、空かない色。

 

食と視覚の関係は科学的にも立証されていますが、人は見た目で美味しいもの・美味しくないものを本能的に選んでいるのかもしれません。例えば、、、

 

お腹が空く色
感情の高ぶりや暖かみを連想するオレンジなどの暖色系。

 

お腹が空かない色
冷静さや涼しさを連想するブルー系。

 

解説

日常生活を思い浮かべてみてもオレンジや赤の食材はお肉や野菜に見られる普段から馴染みのある色だと言えます。一方ブルー系の食材はブルーベリーやプラムといった具合に食卓ではあまり見かけない食材になります。お腹が空く色はオレンジと赤の他にも緑も食欲を増進させます。逆に空かない色は青の他にグレーと言ったように、こちらも食材には少ない色となります。

人間にとって味覚と色の関係は、それを味わった時の経験と色とが結びつくからだと考えられます。肉を見てテンションが上がるのは過去に食べて美味しかったという体験が色に刷り込まれているからだと言えます。吉野家さんのオレンジ看板を見てお腹が空いてしまうのも無理がないということもこれで証明できました。

ファサードだけで無く、メニューにも同じことが言えます。メニューに載っている写真やデザインによって美味しいか美味しくないかが決まってしまうのです。実際にメニューブックを元に掘り下げてみましょう。

 

取材店舗様

鳥どり 北新地店

 

訪れたお店は大阪 北新地にございます『鳥どり』さんです。銘柄鶏をはじめとし、鳥の良いところ全てを堪能できる鳥専門店です。こちらで実際に使われているメニューブックを元に視覚効果の検証を3つの視点から行います。

 

①コントラスト効果で売りたい商品を前に出す!

IMG_8324

見開き1ページに飛び込んでくる迫力あるビジュアル。写真もさることながら中央に堂々と構える『北新地手羽先』の白抜き文字に思わず目を奪われます。背景に黒を引くことで商品がしまって見え、白抜きの文字も迫力を増します。これをコントラスト効果と呼びます。

また左ページの『夏の旨いもん』ですが、ブルーをタイトル文字に使っています。飲食店には好ましくないブルー系の色も暑い夏にぴったりな清涼感をページ全体にもたらしています。また左右のページで売りたいものをはっきりと分けることにもコントラスト効果が効いていました。

 

 

②濃淡の差を使って上品にしっとりと

IMG_8325

同じ色みの濃淡を使うと上品でしっとりしたイメージになります。焼鳥の色がこげ茶やオレンジがかった茶色・薄い茶色となりますが、背景に同系色のベージュなどを引くことで効果が現れます。ちなみに左上のつくねは①のコントラスト効果を利用しているため、このページの中でも特におすすめであることが分かります。

 

 

③商品を前面に押し出して視覚効果抜群!

IMG_8328

見開くと色とりどりの野菜の色が水々しく鮮やかに飛び込んできます。商品自体に色の力があるので写真を大きくレイアウトし素材を生かすデザインとなります。ページを開いた瞬間テーブルも華やぐ視覚効果抜群のページです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?食と色の関係を知っておけば商品の魅力をより引き出すことができるかもしれません。お腹が空いてしかたのない、キラーカラーを探すのも面白いかもしれませんね。

 

 



お問い合わせ