若者の「酒離れ」が大きな問題となっています。飲食店にとっても無視できない問題ですが、この記事では「酒離れ」を打破するためのまったく新しいドリンクメニューを提案します。

 

止まらない若者の「酒離れ」

ライター山崎です

山崎
MEDIYライターの山崎です。若者の酒離れについて新入社員の女子3人に質問してみました。

 

 

山崎
週に何回お酒を飲みますか?

 

新卒女子
全く飲みません。

 

山崎
リアルな回答結果に唖然。。

 

対策しないと未来はない!?

日本酒造組合中央会の統計調査によると、20代の約3割はお酒を飲まないという統計もあります。

一方で「肉好き女子」に「パクチー女子」等、外食に積極的な女性がいるのも事実です。しかし、ドリンクニーズに応えることができないと、リピートはおろか安定した集客も望めないことでしょう。

 

そこで!

今回提案するのが酒離れを解消する革命的なドリンクメニュ ー です。

 

酒離れ解消ドリンクメニューはこれだ!

若者のニーズを満たすドリンク、それが、お酢メーカーのミツカン社が提供する食酢ドリンクです。でも「酒離れ」になぜお酢なのでしょうか?お酢のプロにお話を聞いてみました。

 

【解説】高まる「食酢」ニーズ!

山崎
日向さん、なぜ「酒離れ」にお酢なのでしょうか?

 

日向氏
はい、まずはこの調査結果をご覧ください。
お酢ドリンク飲んだことありますか?
mizkan 食酢飲料調査 2017年 9月実施分

 

 

 

 

日向氏
20~30代女性の50人の内、60%がお酢入りのドリンクを飲んだことがあると答えています。更には、

 

お酢ドリンク今後飲みたいと思いますか?
mizkan 食酢飲料調査 2017年 9月実施分

日向氏
今後飲みたいと答えた女性も半数以上に昇ります。

 

日向氏
この結果からも、お酢が好きで、飲みたいと思う女性は非常に多いことが分かります。また、「酒離れ」が進む若年女子と世代がリンクしていることもポイントです。お酒は苦手だけど、お酢は好きという女子を食酢ドリンクで獲得できるのです。

 

 

更に嬉しい女子ウケ要素も!

日向氏
更にお酢の入ったアルコールドリンクはすっきり飲みやすく、また油っこい料理もさっぱりおいしくいただけます女子ウケの要素が盛りだくさんです!

 

山崎
なるほど~!

 

 

ガリのビネガーサワー

 

まろやかりんご酢を使ったレシピ

 

 

材料ひとり分
・ビネグイット®まろやかりんご酢ドリンク 30ml
・焼酎 30ml
・氷 適量
・炭酸水(無糖) 120ml
・甘酢しょうが 50g
作り方

[1]「ビネグイット®まろやかりんご酢ドリンク」、焼酎、氷を入れて、炭酸水を注ぐ。

[2] 甘酢しょうが(ガリ)を添える。

 

南条
りんご酢の甘酸っぱさでとっても飲みやすい!これなら頼んでみたいです!

 

 

フルーツビネガーサワー

熊代
見た目にも華やかで飲んでみたくなります!りんご酢のさっぱりとした味わいとフルーツの果実がとにかく良く合います!

 

グレープフルーツ&ソルトビネガードリンクを使ったレシピ

 

 

材料ひとり分
・お好みのフルーツ 適量
・氷 適量
・ビネグイット®グレープフルーツ&ソルトビネガードリンク 25ml
・焼酎 25ml
・炭酸水(無糖) 100ml
・ミント 適量
作り方
[1] お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットする。
[2] グラスに[1]のフルーツと氷を彩りよく入れる。
[3] [2]に「ビネグイット®グレープフルーツ&ソルトビネガードリンク」、焼酎、炭酸水をあわせたものを注ぎ、ミントを飾る。

 

「酒離れ女子」もこの通り!

熊代
グイグイいけちゃいます♪

 

山崎
お酒が苦手だった新卒女子がこんなにグイグイ飲むなんて!!食酢は「酒離れ」解消の新ドリンクメニューとして期待できますね!

 

 

ビネグイットで若者・女性客を獲得!

お酢への興味があるのに、メニューにないから頼めない、、、そんな状況はもったいなさすぎます。ミツカンの食酢ドリンク「ビネグイット」で、若者・女性客を獲得しましょう!お酢を求める、”お酢女” はもうそこまで来ています!!

 

商品等のお問い合わせは
■詳細はMizkanホームページをご覧ください
http://www.mizkan.co.jp/ prouse/features/vineguitto/
■お問い合わせは株式会社Mizkan大阪支店まで
TEL:06-6543-7591
FAX:06-6543-7595
この投稿は役に立ちましたか?
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事