Adobe Aero

 

小野
どうも、メニューデザイン研究所の小野です。

 

先日、Adobeから拡張現実(AR)を簡単に作成することのできるアプリ、Adobe Aeroがリリースされました。今回そのAdobe Aeroを使ってARPOPメニューを試しに作ってみました!

 

ちなみにこちらが実際にAdobe Aeroを使って作成したメニューです。

 

 

いかがでしょうか?とても面白いですよね!Adobe Aeroの使い方も含め、作成方法をご紹介したいと思います。

 

 

Adobe Aeroとは?

Adobe Aero

出典:https://www.adobe.com/jp/products/aero.html

Adobe AeroはデザイナーがコーディングスキルなしでもAR空間に3Dコンテンツを作り出せるスマートフォンおよびタブレット向けの無料iOSアプリです。2019年11月4日にリリースされました。今までARを作成するにはコーティングの知識や時間も費用も必要でしたが、Adobe Aeroをコーティングの知識や時間も費用もかけずに簡単にARを作成することができます。

 

 

Adobe AeroでARメニュー作成!

Adobe Aero

一体どれだけ簡単に作成することができるのか実際にAdobe Aeroを試してみました。

今回は、メニューエクスプレスで作成したPOPメニューを使って、ARメニューを作成してみたので、ご紹介していきます。

 

まずはアプリのインストール。App Storeで「Adobe Aero」で検索します。

アプリのインストール

 

インストールが終わったらアプリを開きます。

ログイン画面

続いて、ログインします。SNSアカウントと連携してログインすることもできますが、Adobe Creative Cloudのアカウントをお持ちの方はAdobe IDでログインしましょう。

 

 

ログインできたらチュートリアルが表示されます。そちらのチュートリアルを一度見たら大体の使い方はわかると思います。

 

今回はチュートリアルは飛ばして、さっそくARメニューを作成します。

左下の青丸の「+」ボタンをタップします。

新規作成

 

するとカメラが起動し、サーフェスの検索が始まります。

サーフェスの検索

アンカーの作成

サーフェスの検索が終われば、タップしてアンカーポイントの作成をします。

 

左下の青丸の「+」ボタンをタップし、今回はカメラロールを選択します。

 

 

事前に作成しカメラロール内に保存しておいたメニュー画像を選択します。すると選択した画像が表示されます。

画像が表示されます

タップして、アセットを配置します。ここで大きさや角度、表示の高さを選べます。

 

配置ができたら、次に動作を付け加えてみたいと思います!

配置した画像をタップし、動作ボタンを選択します。

「トリガー」を選択し、「開始」を選択します。

「アクション」をタップすると、様々なモーションを加えることができます。

アクションモーション

 

今回は出現を選択しました。

アクション設定

デュレーションやイージング、ディレイを設定し、出現の仕方を調整していきます。

右上の再生ボタンを押すと、プレビューで動作します。

設定完了したら右下のチェックボタンをタップ。これでARメニューの完成です。

 

 

実際に作成したARメニューがこちらです。

 

いかがでしょうか?何もないはずの空中にPOPメニューが浮かんでいます。とても面白い機能ですね!しかもとても簡単に作成することができました。

応用することで飲食店でもいろいろと活用できそうです。

 

 

 

実際にAdobe Aeroを使ってみた感想

実際に、ARPOPメニューを作成してみましたが、作成時間は5分程度で、ほぼ迷うことなく簡単に作成することができました。作成する人のアイディア次第では、面白い使い方もできるのではないかと思います。Adobe Aeroがリリースされた事により、今まで難しいとされていたARのハードルが非常に低くなったように感じます。

ARを導入する事により、店舗の内装はそのままに今までと違った楽しみ方ができると思います。スマートフォンでかざしたときにお店に来ているお客様が楽しめるようなARコンテンツを導入する事で、話題性もあってお客様満足度向上、また他店との差別化にもなるんじゃないかと思います!

 

 

ちなみにAR看板も作ってみた

Adobe dimension

ちなみに、Adobe Dimensionというアプリで作った3D看板をAdobe Aeroで表示させてみました。

 

 

 

いかがでしょうか?3Dになる事でよりリアルに感じます。画像を表示させるだけのものとは全然違いますね。

Adobe DimensionとAdobe Aeroを組み合わせて使う事でより、応用性の高い物が作成できます。

 

 

最後に

以上、Adobe Aeroのご紹介、レビューでした。スマホが普及してきて、VRやARも伸びてきました。今後さらに伸びていくことが予測できるため早めに導入してみるのもいいかもしれません。気になった方はぜひ一度試してみてください。

 

 

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事