中国電子商取引(EC)大手の京東集団(JDドットコム)は、2018年11月10日、オーダーから配膳までの全行程でロボットが作業をするレストラン「京東X未来レストラン」一号店を中国天津市の天津エコシティ内にオープンしました。中国国内では初となります。

 

 AIを駆使した「京東X未来レストラン」

「京東X未来レストラン」は料理の注文から、会計、調理、配膳、のサービスを全てロボットにより自動化し、サービス・品質を標準化した本格的かつ最新型レストランとなっています。

 

テーブルに設置されたQRコードをスマートフォンで読み込み、アプリ上から料理を注文することができます。

料理を注文する

image : YouTube

また注文と同時に会計も済ませることができ、お客様側はとても便利です。

 

QRコードで読み込む

image : YouTube

日本ではあまり浸透していませんが、中国をはじめとするアジア圏ではキャッシュレス文化が進み、電子マネー決済、QRコード決済が一般的になりつつあります。

 

また、注文は5台の調理ロボットへ自動的に振り分けられるようになっています。その調理ロボットはスタッフ1人がコントロールしているようで、人件費を大きく削減することにも成功しているようです。

調理もロボットが行う

image : YouTube

調理ロボットは味付けや料理方法がプログラミングされており、人の手で作った“本物”の料理と変わらないものを提供することができます。

 

配膳ロボット

image : YouTube

できあがった料理は、配膳ロボットによって各テーブルへ運ばれます。配膳ロボットは京東の自動運転技術と高精度のマッピング技術により、障害物を避けながらレストラン内を自動運転で、出来上がった料理をお客様の元へと正確に届けます。

 

お客様のもとへ届ける

image : YouTube

 

詳しくは動画をご覧ください。
JD.com、中国で初となるロボットレストランをオープン

 

 

進む外食産業のIT化

今回の「京東X未来レストラン」のオープンについて、京東事業部の総裁肖軍氏は

「ロボットレストランは、多くの都市でと考えています。今回のロボットレストランのオープンにより、ボーダーレスリテールの応用範囲を更に広げ、オンラインとオフラインとの融合を促進させています。京東はロボットレストランと無人スーパー、そしてスマート物流を組み合わせることで消費、物流、飲食業のビックデータを活用し、スマートコミュニティの構築及び、スマートシティの実現に貢献してまいります。」

とコメントを残しています。

日本でも、自動券売機やタッチパネルメニューなどはもう当たり前になってきて、外食産業のIT化が進んでいることがよくわかります。

 

 

 

 

今後日本の外食産業ではどうなる?

今後の日本の外食産業ではどうなることが予想できるでしょうか。

 

まず外食産業の市場規模を見ると、平成29年の市場規模は約25兆円で、全盛期だった1997年の29兆円と比べると減少していることがわかります。

解消されない人手不足・人材不足、食材の高騰や、市場規模の縮小など、様々な課題が次々に出てくる中、ITによる課題解決は今後日本の外食産業でも必須になると思われます。

 

完全にIT化になることはないでしょうが、ITに頼るところと、アナログで残しておくところをしっかりと分けて考える必要があるかもしれません。

 

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事