クラウド防犯カメラサービスまとめ

クラウド監視カメラをご存知でしょうか?

言葉は聞いたことがあるけど、普通の監視カメラとどう違うのかがよくわからないという方が多いと思います。今回はそんな飲食店様に向けて、クラウド監視カメラとは何か?導入のメリット、クラウド監視カメラサービスのご紹介をしていきたいと思います。

 

クラウド監視カメラとは?

クラウド監視カメラとは、専用の監視カメラで撮影された映像を、遠隔地にあるパソコンやスマートフォンで確認することのできるカメラのことを言います。

アナログの監視カメラのように撮影データをハードディスクに保存するわけではなく、そのままカメラからインターネットを介し、クラウドへアップロードします。そして、アップロードされた映像データをPCやスマートフォンからリアルタイムに閲覧、また過去の録画データもみることができます

ハードディスクは不要なため、省スペースでも設置可能で、ハードディスクの交換、メンテナンス等も必要ないので運用もとても楽です。

 

クラウド監視カメラの導入メリット

クラウド監視カメラを導入することによって様々なメリットがあります。一つずつご紹介していきます。

 

1導入の初期費用を抑えられる

クラウド監視カメラは、映像データを直接保存するハードディスクを必要としないので、省スペースでも設置が可能な上、導入時の初期費用も抑えることができます。また、導入までのスピードもアナログカメラに比べると早く簡単に設置することができます。

 

 

2トラブル防止になる

クラウド監視カメラを導入することによって、無銭飲食や、売上金着服、また今話題のバイトテロなどの様々なトラブルを未然に防ぐことができます。バイトテロが起きて、世間に悪いイメージを持たれてしまっては飲食店にとって死活問題となります。クラウド監視カメラを導入することで、トラブルを回避につながるのであれば導入のメリットは大きいと思われます。

またクラウド監視カメラサービスの中にはクラウド型のPOSレジと連携することによって、会計情報と会計時の監視カメラの映像を紐付けして確認することのできるサービスもあります。

 

 

3業務効率化・働き方改革に繋がる

クラウド監視カメラを導入することによって、お店のマネージャーや飲食店オーナーはわざわざ店舗に赴かなくとも、離れた場所から店舗の様子を確認することができます。これにより大幅な時間の削減になり、業務を効率化や、働き方改革にも繋がります。

 

クラウド監視カメラのサービス8選

それではクラウド監視カメラサービスを8選ご紹介していきたいと思います。

 

1セキュアカメラクラウドサービス

セキュアカメラクラウドサービス

出典:https://www.nttpc.co.jp/service/scc/

NTTPCの提供する「セキュアカメラクラウドサービス」は、防犯に加え、店舗改善やマーケティングにも活用できるクラウド型ネットワークカメラサービスです。セキュアカメラクラウドワークスの最大の特徴が、映像と音声を通じて来店客の行動分析が可能なことです。来店人数を把握する"人数カウント"や来店者の店内の動きを分析できる"動線密度分析"など、画像解析に役立つ機能がたくさんあります。その分料金は割高ですが、マーケティングデータを収集したいという飲食店にはオススメです。

カメラ種類:4種類
料金:サービス基本料金 5,000円  セキュアカメラクラウドサーバー利用料金 4,500円 / 台

 

 

 

 

2safie(セーフィー)

セーフィー

出典:https://safie.link/

セーフィー株式会社の提供する「セーフィー」はいつでもどこでも、カメラの映像をスマホ・PC・タブレットから見ることができるサービスです。屋内、屋外向けカメラで全3種類のカメラのライナップがあります。録画期間に応じて料金が変わって、最安で7日間の録画期間で、1200円/月の料金となっています。
Webサイトには料金から導入の流れ、事例紹介など豊富な情報がたくさんあるので、 じっくりと判断することができます。

カメラ種類:3種類
料金:7日間の保存期間 1200円/月〜

 

 

 

 

3ギガらくカメラ

ギガらくカメラ

出典:https://business.ntt-east.co.jp/service/gigarakucamera/

「ギガらくカメラ」は、NTT東日本が提供するクラウド型カメラモニタリング・録画サービスです。リアルタイム監視機能、クラウドレコーダー機能等を搭載しています。離れた場所から複数店舗の状況を確認し、店舗運営に役立てることが出来ます。カメラのラインナップが豊富で9種類のカメラの中から選ぶことができます。料金は最安で7日間の保存期間で1700/月〜となっています。

カメラ種類:9種類
料金:7日間の保存期間 1700円/月〜

 

 

 

 

4クラウド写楽庫

クラウド写楽庫

出典:https://sharako.com/cloud_sharako_lp/

株式会社コムワークスの提供するクラウド監視カメラサービス「クラウド写楽庫」です。カメラのラインナップは6種類で、最大2560 (H) x 1920 (V)の高解像度での記録が可能です。またクラウドはAmazonの「AWS」を使用しているため、セキュリティ面でも安心です。料金はサイトに記載がなかったので、問い合わせる必要があります。

 

 

 

 

5Eagle Eye(イーグルアイ)

イーグルアイ

出典:http://www.iguazu-eagleeye.jp/

Eagle Eye Networks, Inc.(イーグルアイネットワークス社)の国内正規代理店である株式会社イグアスが運営する『クラウド監視カメラシステム Eagle Eye』です。
Eagle Eyeの最大の特徴が、今まで利用していたアナログカメラをそのまま使い回すことが可能なところです。既存DVRをEagle Eye提供のブリッジに交換するだけで、簡単にクラウドカメラ化することができます。

 

 

 

 

6ELMO QBiC CLOUD(エルモキュービッククラウド)

ELMO QBIC CLOUD

出典:https://elmo-qbiccloud.com/

エルモキュービッククラウド(ELMO QBiC CLOUD)は、株式会社エルモ社が提供するクラウドサービスです。
法人から個人の方でも利用しやすい価格設定で、最安録画料金は1000円〜となっています。カメラのラインナップは 4種類となっています。具体的な料金を知るためには問い合わせが必要です。

カメラ種類:4種類
料金:クラウド録画月額1,000円

 

 

 

 

7Mineo監視カメラサービス

マイネオ

出典:https://mineo.jp/business/iot/camera/

Mineoの提供する映像データをクラウドに録画し、スマホやPCから確認できる法人向けのモニタリングサービスです。カメラのラインナップは2種類。料金については問い合わせる必要があります。

カメラ種類:2種類
料金:問い合わせる必要あり

 

 

 

 

8ArobaView(アロバビュー)

ArobaView(アロバビュー)

出典:https://www.arobaview.com/

国内No1の導入実績を誇る「ArobaView」。今まで使用していな監視カメラをクラウド化することはもちろん、オプションで画像解析をしたりすることもできます。システム構築などもしているようなので、こういった使い方をしてみたいなど、こだわりのある飲食店にはいいかもしれません。

 

 

 

 

最後に

以上、クラウド監視カメラについてまとめました。監視カメラを設置している飲食店はよく見かけます。まだクラウド監視カメラへ乗り換えをしていない飲食店は是非この機会にクラウド監視カメラ導入を検討してみてください。

 

 

 

株式会社メニューデザイン研究所

メニューデザイン研究所は「メニューデザインを科学する」をモットーに飲食店の課題解決と経営改善をサポートします。「世界中の『お品書き』を『想い書き』へ」をビジョンに掲げ、メニューデザイン伝道師として飲食店のメニュー表や販促物の企画、制作を手がけています。

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事