宅配サービス

今、飲食業界に宅配サービス強化の波が────10月に増税される消費税とともに、軽減税率が適応されます。軽減税率の導入によって、増税が据え置かれる宅配サービスに狙いをつける企業が増加しています。

 

軽減税率の導入で飲食店に波紋

2019年10月に消費税が増税される予定です。その際に適用される軽減税率が、飲食店に波紋を呼んでいます。
飲食店の商品のなかで増税が据え置きになるのが『持ち帰り』と『宅配』であるため、その二つの需要が急増するとみられています。宅配を強化するとなると、宅配するための車やバイク、ドライバーなど、新たな準備が数多く必要になるため、早めの方針転換が必要です。まさに今、大手飲食店では宅配強化の準備を始めています。

 

宅配可能店舗の増加を決定した企業たち

いくつかの企業は、すでに宅配強化を決定しています。すかいらーくは宅配可能な店舗を約1500店以上(5割増)にする見通しです。また、出前館は宅配可能拠点を210店舗に拡大する予定です。

 

宅配強化で注目を集める『出前館』

軽減税率の導入によって、インターネットやアプリを使って気軽に出前を頼める『出前館』が注目を集めています。

 

出前館とは?

出前館は、全国11,200店舗以上の出店を持つ、デリバリー代行サービスです。出前館が、宅配機能を持たない飲食店の代わりにお客様の自宅まで食事を届けてくれます。サイトやアプリ上で、何分で届くかもひと目でわかって便利です。会員登録をしなくても宅配してもらえますが、一度登録しておけば注文ごとの住所登録などが不要になったり、Tポイントがたまったりというメリットがあります。
主に飲食の宅配がメインですが、変わったところでは、お酒、クリーニング、ハウスクリーニング、鍵の修理などにも対応しています。

 

大手外食チェーンとの提携拡大

出前館は今後、宅配機能を持たない大手外食チェーンとシェアをすすめていく狙いです。初の導入として、吉野家の一部店舗と提携していくことが決まっています。大手外食チェーンにとっては配達のためのドライバーを採用する手間が無いというメリットがあるため、各社からの注目を集めています。

 

飲食店の宅配強化に対しての意見さまざま

軽減税率によって飲食店が宅配強化を選んだことに対して、インターネット上でもすでに多くの意見が見られます。その意見は、好意的なもの、批判的なものなどさまざまです。

<好意的な意見>

  • 便利になると思うと嬉しい。どんどん宅配産業を強化してほしい。
  • 現在子育て中なので、店舗に行って食べるのはなかなか難しい。宅配という選択肢が増えるのはとてもありがたい。手が離せない時に温かいご飯を食べられるのは嬉しい。
  • これからは宅配産業の時代が来ると思う。
  • 中国では、フードデリバリー産業は圧倒的な成長分野。日本もそれにならって伸びていく気がする。
  • 選択肢が増えるのは純粋に嬉しい。一人暮らしだから、体調が悪い時の食事にも重宝しそう。

 

<批判的な意見>

  • 宅配の選択肢が増えるのは嬉しいが、それを配達する人への負担が心配
  • ビジネスチャンスともいえるが、これは税制が経済をゆがめる結果になるのではないか。
  • 宅配するための人件費や、宅配する人の負担を考えると恐ろしいことになりそう。ほかの宅配業者のドライバーへの負担を見ればその負担が垣間見える。
  • これからは、宅配をしない業者は生き残れないのではないか?

 

軽減税率の導入で生活が少しずつ変わる

宅配サービスが充実することは、私たちの生活が潤う事につながります。しかし、現在ネット通販が過剰気味なために運送業のドライバーに負担がかかっているように、デリバリーするドライバーに無理のないような業務設計が必要になっていくでしょう。軽減税率の導入は、図らずも私たちの生活スタイルと経済を少しずつ変えていくかもしれません。

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事