今後外食産業では「紙のクーポンは無くなる」と言われていて、これから完全に「電子クーポン」に移行していきます。

本記事ではは飲食店の電子クーポンが発行ができるサービスご紹介と、紙のクーポンが無くなる理由、電子クーポンのメリットをまとめ定期たいと思います。

紙のクーポンは消えつつある

消えつつある紙のクーポン

従来の販促方法で一般的であった紙のクーポン。新聞の折り込みチラシや、ポストの投函チラシなどで割引クーポンが入っているのを目にする機会は多かったと思います。

紙のクーポンは、顧客それぞれにあった、異なるクーポンの発行というのが難しく発行にコストがかかる(印刷代など)というデメリットがあります。また使う側も、紙のクーポンを持ち歩くのは大変で、利用率も低くなります。紙のクーポンは「費用対効果が非常に悪い」というデメリットが目立つものでした。

そんな紙のクーポンは現在消えつつあり、それに変わる新しいものとして、最近では「電子クーポン」が一般的になってきました。

 

電子クーポンのメリット

ファストフード店のマクドナルドでレジでスマホをかざしている光景を見たことはないでしょうか?マクドナルドは自社アプリで電子クーポンの発行を常にしており、紙のクーポンの頃より、利用率も大幅に上がっています。

電子クーポンのメリットとして、顧客にあった適正なもの、関心のあるものを一人一人別々に発行することができるという点が挙げられます。(発行サービスにもよる)より関心の高い商品のクーポンを発行することで、利用率の向上と、お店の売上アップに繋がります。

また、他にも印刷コストがかからないクーポン発行の手間が紙に比べて少ない、というメリットがあります。また使う側も普段持ち歩くスマートフォンで表示することができるため、利用率も高くなります。

 

電子クーポンを発行するには?

それでは実際に電子クーポンが発行できるサービスと、それぞれの特徴をいくつかご紹介したいと思います。

 

1自社アプリ

自社アプリを開発することによってクーポンの発行が可能になります。多くの場合、ユーザーの個人情報も取得できるので、利用可能なデータが多く、属性やタイミングに応じてクーポンを発行することができます。またプッシュ通知による接点も取れます。
デメリットとしてはアプリの開発にコストがかかるのと、浸透していないアプリをダウンロードさせるための施策も必要でダウンロードまでのハードルもあります。
中型〜大型チェーン店におすすめです。

 

2LINE@

LINE@はメールマガジンよりも開封率も高く、お店側は無料プランから始めることができます。自社アプリに比べると、取得できるデータ量は少なく、顧客ごとの配信も有料プランでなければ配信はできません。日本では利用者の多いLINEで友だち追加してもらうだけなので、友だち追加のハードルは低めですが、運用力は必要になります。

個店からチェーン店まで幅広くおすすめです。

 

3HP(ホームページ)

店舗のホームページ、オウンドメディアを持っている場合は、サイト内でクーポンの発行が可能です。サイトに力がない(アクセス数が少ない)場合はなかなかお客様に浸透しないので、他媒体(SNS等)との連携が必要になります。もしくはお金をかけて広告を出稿しなければ、効果は期待できません。

 

4メールマガジン

メールマガジンによるクーポンの発行も可能です。アプリのプッシュ通知と比べると開封率はかなり低く、属性ごとのメール配信も可能ですが、MA(マーケティングオートメーション)ツールなどが必要で、コストもかかります。また運用していくためにはそれなりに知識と経験が求められます。

 

5グルメポータルサイト

「ぐるなび」「食べログ」「ホットペッパーグルメ」などのグルメポータルサイトでの電子クーポン発行も可能です。すでに利用している飲食店は多いと思います。新規の店舗など、ブランド力の弱いお店には効果的な手段になります。

 

最後に

以上、電子クーポンが発行できるサービスをまとめました。クーポン発行することによるメリットは多くあり、電子クーポンであればデメリットもほぼないので、ノーリスクで始めることができます。また数あるクーポン発行サービスの中でも、アプリによるクーポン発行が伸びてきているので、まずは簡単なLINE@から始めるのがオススメです。

まだ活用したことがないという飲食店はこの機会に活用してみてはいかがでしょうか。

 

この投稿は役に立ちましたか?
2人中2人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事