第283回外食産業繁盛塾開催レポート

2月26日(水)に岡山フードサービス株式会社主催による外食産業繁盛塾が開催されました。その模様を今回は特別にご覧頂きます。

 

外食産業繁盛塾とは?

岡山フードサービス株式会社が主催する外食産業繁盛塾は、飲食店の経営や運営に役立つ情報を提供しご繁盛へと貢献するセミナーを毎月(8月・12月は除く)第3水曜日に開催しています(例外もあります)。お店を丸ごと借り切っての繁盛店見学、有名講師による講演会、食材やメニューの提案と試食会など、毎回異なったテーマとコンセプトを掲げ企画・開催されています。

 

第283回のテーマは「売上UPさせる飲食店の情報発信術」

左からW.A.T COMPANY.inc  東氏・㈱メニューデザイン研究所 谷口氏・㈱ケーススタディ 荒井氏

様々な情報が溢れる現代社会において、その発信方法も多様化しています。お店のウリやこだわりを効果的に伝え、売上UPに繋げるには一体どうすれば良いのかと、お悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は飲食店に欠かせないツールである『メニューブック』と『WEBサイト・SNS』の作成・活用方法に迫りました。

 

第1部の『メニューブック』パートではメニューデザイン研究所の谷口氏より具体策が述べられました。

 

メニューブックの価値を見誤ることで売上げの機会損失が起こっていると話す谷口氏。

 

伝わっていると思っているメニューも時には疑問を持つことも大事と続けます。

 

来店されたお客様をどのようにもてなすか?予めメニューデザインで表現することで両者にもメリットが。

 

第2部の『WEBサイト・SNS』ではW.A.T COMPANY.inc  東氏より具体策が。

 

情報手段の取捨選別も去ることながら店舗のコンセプトとターゲットを明確にすることが最重要と東氏。

 

店舗はきっかけをつくるだけであり、来店されたお客様が広告する。行動を促す施策作りが重要とも。

 

具体的な施策や検証結果を交え笑いも飛び交いながら充実した時間が送られました。

 

第283回外食産業繁盛塾を終えて

「メニューブックをどう活用すれば、自店の課題が解決できるの?」、「ネット販促は移り変わりが早くてついていけない、今は何がベストなの?」このような疑問・課題について2人の専門家からは様々な回答が寄せられ共に学び、共に歩み、共に笑うための繁盛塾となりました。

既に第284回目の開催も発表となっています。新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界にも逆風が吹く状況ですがこのような時こそ学びを通じて得ることはあるのではないでしょうか。以上、第283回外食産業繁盛塾の開催レポートでした。

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事