屋内版Googleストリートビュー

 

小野
どうも、Google認定フォトグラファーの小野です。

 

飲食店の方で、Googleマイビジネスをされている方はとても多いと思います。ですが、実際にGoogleマイビジネスを活用して実際に集客につなげている飲食店様はまだまだ少ないように思います。

飲食店様のお悩みの声でよく聞くのが

「Googleマイビジネスをどう運用していけばいいのかがわからない」

という声。

そんな飲食店様の悩みを解決するおすすめの方法が、「屋内版Googleストリートビュー(旧インドアビュー)」の導入です。本記事ではGoogle屋内版ストリートビューについてと、導入のメリット、事例を紹介したいと思います!

 

Googleマイビジネスについては過去記事をご覧ください。

 

屋内版Googleストリートビューとは?

屋内版Googleストリートビュー撮影

屋内版Googleストリートビュー(旧インドアビュー)とは、Web上で店舗内を360度で閲覧すことができるGoogleのサービスで、実際に店舗を訪れたかの様に、店舗内を自由に見て回ることができます。普通の写真では伝えきれない店内の雰囲気をより伝えることができます。屋内版ストリートビューはGoogle検索エンジンやGoogleマイビジネス、Googleマップと連動して、全世界で活用されていています。

360度写真の撮影はGoogleの審査を通過し認定を受けた、屋内版ストリートビュー撮影専門のGoogle認定フォトグラファーが担当します。

 

屋内版ストリートビュー4つの導入メリット

屋内版ストリートビューを導入することによるメリットを4つまとめていきます。

 

1ローカル検索で上位表示されやすくなる

「大阪 ラーメン」などの、Googleローカル検索時に検索結果として一番上に表示されるのがGoogleマイビジネスのページ(地図情報)になります。検索結果にはたくさんの店舗が表示されるため、検索結果の店舗の中でもいかに上位に表示されるかが集客のカギとなります。

実は屋内版ストリートビューを導入している店舗としていない店舗とでは、導入している店舗の方がより上位に表示されやすくなるのです。ページ内容を充実しているのになかなか上位に表示されないという飲食店様は屋内版ストリートビュー導入をおすすめします。

 

2費用対効果が高い

屋内版Googleストリートビューは初回の撮影費用のみで、月額のランニングコストは一切発生しません。一度撮影すれば、その写真は店舗のGoogleマイビジネスアカウントに半永久的に公開され続けるため、費用対効果はとても高いと言えます。

 

3飲食店側の手間が少なく、納期も早い

撮影自体は個店〜個室のある小中規模の店舗であれば大体30分程度で終わります。少し広めの店内だとしても大体1時間内で撮影できます。残りは持ち帰っての編集作業になるので、飲食店側の手間はとても少ないです。また、納期も撮影日から1週間以内(早ければ3日以内)にはGoogleマイビジネスに公開しますので、納期もとても早いです。手軽に導入できるのもメリットの一つとなっています。

 

4インバウンド集客にもつながる

日本ではまだそんなに浸透していない屋内版ストリートビューですが、海外では結構浸透していて、お店選びで店舗内の360度写真をチェックする外国人も多いです。また、慣れない旅行先での飲食店選びにおいて店舗の雰囲気を重視する方は非常に多く、それがお店選びの決め手になります。屋内版ストリートビューを導入することによって、訪日外国人の集客にも繋がります。

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事