HACCP制度化

世界的に導入が進められている食品衛生管理システムの一つであるHACCP(ハサップ )ですが、我が国でも2018年6月に、食品衛生法案が改定された事によりHACCPに沿った衛生管理が制度化されました。

超高齢化社会の現代では、食中毒のリスクはより深刻な問題となっており、飲食店の衛生管理の重要性が社会的要求となっています。

 

そもそもHACCP制度化とは?

HACCPとは、従来の最終検査に依存した衛生管理とは異なり、原材料の管理から顧客様に提供する最終製品まで、全ての作業工程の危害要因を排除する衛生管理手法です。飲食店様が、国の推奨する「HACCPシステム」を採用することより、お客様により安心・安全を提供することになります。

どうすれば「HACCPシステムが導入できるのか、よく分からないというお悩みの飲食店様は、数ある相談所の中でも国家資格を有する食品安全技術専門家のいる株式会社スズカ未来への相談をオススメします。

 

 

 

株式会社スズカ未来とは?

スズカ未来株式会社

昭和23年に食品包装材料のメーカーとして創業して以来、次々と新しい事業領域を確立してきた三重県鈴鹿市にある、主に「パッケージデザイン」を主な事業としている会社です。三重県鈴鹿市に本社を置き、全国各地に営業拠点を展開しています。「食べ物の品質を守り、おいしさを伝えること」を使命とし、お客様の課題を解決してきました。

株式会社スズカ未来は、顧客様により「食品の安全・安心」をご提供するため、検査の国際規格(ISO17025)の認定を取得した「マイラボ食品検査センター」を付設し、皆様により信頼性の高い品質の「検査」をご提供しています。また、食品に混在する異物検査では最新鋭の検査機器を導入し、飲食店様のご要望にお応えしています。

最近では、国のHACCP法制化に伴い、「食品安全・HACCP無料相談コーナー」も開設しました。より専門的な、食品安全問題については、国家資格を有する食品安全技術専門家が対応し、飲食店様のお悩みを解消させて頂きます。

 

 

マイラボ食品検査センター所長からのメッセージ

所長からのメッセージ

飲食店に携わる皆様へ

株式会社スズカ未来 マイラボ食品検査センター
所長・食品技術士(HACCP/SQF/ISO主任審査員)小川 洋

小川 洋氏の技術士経歴はこちら>>

 

小川洋

拝啓
晩秋の候、皆様、益々、御繁栄のことと、お慶び申し上げます。日頃は、(株)スズカ未来に対し、筆舌に尽くせぬ、御支援を賜っておりますこと、弊社、付設、「マイラボ食品検査センター」を代表して、併せて厚く、御礼申し上げます。

さて、国ではオリンピックを控え、諸外国からの来日に対応するためか、厚生労働省は、食品関係企業に対し、3年以内を限定とし、「HACCPシステムの導入」を法制化しました事はご存知の通リでございます。

どの規模の業者様にも必要なHACCPの義務化に向けて「マイラボ食品検査センター」をこれまで以上に、御愛顧頂く事に加えて、様々な形で御支援をさせて頂きますので、ご査収下さい。

 

 

最後に

以上、食品衛生管理システムの一つであるHACCP(ハサップ )についてと株式会社スズカ未来についてご紹介しました。現在増えつつある飲食店の食中毒問題を回避するためにも、衛生管理はより重要なものとなります。HACCP制度化を軽視せず、わからないことがれば、まずはご相談することをオススメします。

 

担当 川辺・坂間まで ※問い合わせはメールのみ

 

担当 川辺・坂間まで ※問い合わせはメールのみ

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事