廃棄問題

加熱する恵方巻商戦に待ったの声が。2019年1月11日、農林水産省が、コンビニエンスストアなどが加盟している日本フランチャイズチェーン協会などに対して、恵方巻について“需要に見合った販売”をするように要請しました。

 

毎年大量廃棄される恵方巻問題

予約よりも『ついで買い』狙う恵方巻

恵方巻は、コストの低い催事物です。200円からで購入ができる、手軽な“客寄せ”になりえます。もし予約を忘れている人でも、当日になってから「そういえば、恵方巻を買ってなかった…」と思いだしてから購入することが可能です。また店側は、コンビニエンスストアやスーパーへ何気なく買い出しに来たお客様が、店の陳列を見てから「忘れてた、買おう」となることも狙っています。

 

廃棄を減らすのが難しい背景

予約の強化を行うことで、廃棄を減らせるという考え方もあります。おせちやケーキといった、ある程度手間がかかりコストも高いものであればそれで問題ないでしょう。しかしながら恵方巻はそれほどコストが高いものではなく、予約よりも『ついで買い』の客引きを狙った商品です。目標売上を達成するためには大量廃棄もやむなしという現在の店側の姿勢、品切れ自体が店の損失になるという事実があります。その上で、賞味期限が短い商品ということもあって売れ残った商品の操作が難しく、大量の廃棄や店員へのノルマなど、良くない流れにつながっているのが現在の状況です。

 

農林水産省からの異例の要請

農林水産省が、恵方巻の販売量について言及するのは今回が初めてです。今回の要請には廃棄する食品を減らし、環境を守る狙いがあるとみられています。

 

オーナーやアルバイトの負担軽減に

今回の農林水産省からの要請は、コンビニエンスストアのオーナーやアルバイトスタッフたちに対する負担の軽減につながることが示唆されています。コンビニエンスストア本部は売り上げを設定しオーナーに伝えますが、今回の要請があったため売上設定について慎重にならざるを得ないでしょう。恵方巻の廃棄については例年SNSなどで注目を集めており、あまりにひどい廃棄があれば企業全体の悪評にもつながります。さらに今回の要請で、恵方巻の廃棄量について世間の注目を集めているため、廃棄が出すぎないような無理のない売上設定がされると見込まれています。

 

恵方巻の由来と商戦的重要度

意外と近代的な恵方巻商戦

恵方巻の起原は諸説あり、幕末~明治時代初頭に商売繁盛・無病息災などを祈ったとされる説、戦国時代に巻きずしを丸かぶりして出発したら勝利したとされる説、遊女に巻きずしを食べさせて遊んだ説などさまざまあり、正確には定かではありません。
ルーツ自体は古いものの、商戦として広まったのはごく最近で、恵方巻という名称自体も1989年にセブンイレブンから始まったぐらいに近代的なものです。2000年以降急激に広まった恵方巻は、それ以前にそう呼ばれていたという文献はありません。商売のための催し物として、大阪から全国へと広まっていきました。ちなみに恵方巻の名付けの親はセブンイレブンですが、初めて節分の巻きずしをコンビニエンスストアで販売したのは、ファミリーマートが最初でした(1983年)。

 

バレンタインの縮小で重要性が増している

小売業からみると、二月は需要が過ぎ去った時です。恵方巻商戦のシーズンは、年末年始の商戦が終わり、新商品が発売される春までの生き残りを賭けなければならない重要なポイントです。
恵方巻の他にバレンタインという人工催事もありますが、昨今では義理チョコ文化が衰退しはじめているため、過去のような売り上げは望めないのが現実です。そのため、より恵方巻に期待がかかり、無理な売上設定と賞味期限の短さから、廃棄やノルマで話題になるという負の連鎖が起きています。今年はこの問題が解消されるのかどうか、注目を集めています。

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事