イミ消費・トキ消費

「イミ消費・トキ消費」という消費スタイルをご存知ですか?

「イミ消費・トキ消費」とはモノ消費から、コト消費に続く、新しい消費スタイルになります。本記事では、消費者のニーズの移り変わりや、現代の消費スタイルである「イミ消費・トキ消費」についてまとめていきたいと思います。

 

90年代後半〜2000年代初頭はモノ消費からコト消費へ

90年代後半〜2000年代初頭にかけて、家電や化粧品、美味しい料理などの”モノ”を所有して得られる利便性や、モノを購入することに価値をおいた消費スタイル「モノ消費」から、体験や行動に価値をおいた消費スタイル「コト消費」へと移り変わりました。

通販サイトなどのネット購入ができるようになったことで”モノ”への欲求が減り、逆に「ここでしか体験できない」といった体験のニーズが高まり、「所有」より「体験」を重視する消費スタイルがトレンドとなりました。それにより、美味しい料理を提供する「モノ売り」から、美味しい料理を通じて、幸せな体験・時間を提供する「コト売り」をする飲食店も非常に増えました。

そして2010年代以降の現在、新しい消費スタイルとして、現在注目されているのが「イミ消費・トキ消費」です。

 

2010年代以降のトレンドは「イミ消費・トキ消費」

2010年代以降の新しい消費スタイルと言われている「イミ消費・トキ消費」についてまとめていきます。

「イミ消費」とは?

「イミ消費」とは、モノ消費、コト消費に続く新しい消費スタイルで、ただ美味しいだけでなく、それを消費することで自然や社会に貢献できるという付加価値が含まれた消費のことを言います。

ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリストの竹田クニ氏が定義した消費スタイルになります。

2015年の内閣府の行った「消費者心理の変化」の調査によると、「どうせ食べるなら誰かのためになるほうがよい」と思うかという質問に対して、64.3%の人が「そう思う」と回答しています。このように健康維持や社会保全、地域活性、他者支援などの「貢献」をキーワードとした消費傾向が現に伸びてきており、これからさらに高まっていきます。

外食産業では、テイクアウトやデリバリーなどの「ポータブル(持ち運びできる)」+「グルメ(おいしい)」=「ポータグルメ」や、生産者と食材の大事さを共有し、それを飲食店を通じてお客様に真面目に美味しく楽しく提供しようという需要が高まることが予想できます。

 

「トキ消費」とは?

「トキ消費」は、スマートフォンとSNSが浸透した現在、広がりつつある新しい消費スタイルのことを言います。「非再現性・限定性」「参加性」「貢献性」といった3つの特徴を持っていて、「コト消費」から1歩進んだ、生活者のニーズとなります。

具体例をあげると音楽フェスや、アイドルの総選挙、W杯やこれから行われる東京オリンピックなども「トキ消費」に当たります。

大手広告代理店ではすでに、従来の「コト消費」とは異なった「トキ消費」を意識したマーケティングやプロモーションも行われており、事例をあげるとこのようなものがあります。

 

例えば、某ハンバーガーチェーンが実施した「ハンバーガー生き残りキャンペーン」は、スタッフからの人気が高いものの売り上げは最下位というハンバーガーを、「約2カ月の期間中に、売り上げランキングで8位以上に入らないと販売終了」と打ち出した。結果は、多くの人がそのハンバーガーを食べるためにお店に足を運び、見事にランクインしたことで販売存続が決定。さらに店舗への客数増にもつながった。

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事