インスタ活用vol.3

インスタグラムによる飲食店のSNS集客でより良い効果を生み出そうと思うと、SNSの日頃の運用が必要不可欠です。定期的な投稿、ハッシュタグの分析、コメントの返信など、小さな積み重ねが重要になります。

その積み重ねで、徐々にフォロワーが増え、「集客」に繋がります。ですが、これには「時間や手間がかかる」というデメリットがあります。

「すぐに、SNS集客の効果を得たい」という飲食店には、思い切って広告を出稿することをおすすめします。

SNS広告はコストはかかってしまいますが、短期的に効果が得られるため、すぐに集客に繋げることができます。今回はインスタグラムアプリから広告出稿する方法を解説していきます。

 

インスタグラムのSNS広告とは?

インスタグラム広告とは

インスタグラムでのSNS広告とは、ユーザーのタイムラインや、ストーリーズ上に表示させられる広告になります。通常のタイムラインの中に、自然と広告を溶け込ませることができるため、ユーザーの目に留まりやすく、様々な広告の中でもSNS広告は単価も低いという特徴があります。

やり方によっては少額で大きな成果を得ることも可能になります。

また、インスタグラム広告はフェイスブックの傘下のサービスに当たるため、フェイスブックと同一の管理画面から広告を出稿します。なので、必然的にインスタグラムで広告を出稿するためにはフェイスブックのアカウントも必要になります。

 

投稿画像から広告を作成してみよう!

今回はインスタグラムにすでに投稿している画像から広告を出稿する方法を解説していきたいと思います。

 

1フェイスブックとの連携・誘導先の決定

まずはフェイスブックアプリとの連携が必要になります。

投稿画像の右下に表示されている「広告を作成」をタップします。

 

広告を作成をタップ

 

するとインスタグラムの情報とフェイスブックの情報の共有を確認する画面が表示されます。ここで「続ける」をタップします。

 

 

すると広告についての説明画面が表示されるので、下の「広告を作成」をタップします。

 

広告を作成画面

 

次に、誘導先を選択する画面に移ります。ここでは目的にあった誘導先を選択しましょう。

 

誘導先を選択

インスタグラムのプロフィールに誘導してフォロワーを増やすこともできますし、ウェブサイトをお持ちである飲食店であれば、ウェブサイトへの誘導も可能になります。

 

2オーディエンスの作成

誘導先も決定したら、次にターゲットオーディエンスを選択していきます。過去にインスタグラムまたはフェイスブックで広告を出稿したことがある飲食店は、過去のターゲットオーディエンスが残っているので、そこから選択することも可能です。

 

初めて出稿する飲食店の場合は、コンピュータに任せる「Automatic(自動)」で広告を出稿するか、自分で「カスタムオーディエンスを作成」するかどちらかになります。

店舗の地域や、ターゲットユーザーに合わせて広告出稿する方がいい結果になりやすいので、今回は「カスタムオーディエンスを作成」を選びます。

そして「オーディエンス名」を入力します。

 

今回は「メディー」としました。

 

 

続いて地域を入力します。

都市名を入力して指定することもできますし、

 

地域の選択

 

「近隣」タブをタップするとマップが表示され、現在地から半径何キロ以内のユーザーに広告を出稿するかを選べます。

 

近隣タブ

基本的には店舗住所の近隣にターゲティングすることをおすすめします。

 

 

 

地域が決まったら次に「趣味・関心」を入力します。

 

趣味関心を入力

 

業態によって変わりますが、飲食店全般に当てはまるのは、「Food」や「Food and drink」などです。

 

FoodとFood and drinkがおすすめ

 

 

「趣味・関心」が決まれば次に「年齢・性別」を決めます。

 

年齢と性別

店舗のターゲットとしている客層にあった「年齢層」、「性別」を入力します。

 

これでカスタムオーディエンスの作成は終了です。

 

オーディエンスを作成確認画面

オーディエンス確認画面に移るので、「推定オーディエンスの人数」とその他項目を確認しましょう。オーディエンス人数の下が「非常に良い」となっていれば、より良い効果が期待できます。それ以外の場合はオーディエンスが広すぎるか、狭すぎる状態になっているため、再度編集し直しましょう。

確認画面で問題なければ「完了」をタップします。

 

3予算と掲載期間の決定

カスタムオーディエンスの作成が完了し、次に進むと「予算と掲載期間の選択」画面に移ります。

 

予算と掲載期間の決定

 

スライドバーを横にスライドさせると「推定リーチ数」と「期間」、「金額(ドル)」が変化するので、希望する所に合わせましょう。

※リーチ数...その投稿(コンテンツ)を見た人の数の事

 

 

決まったら「次へ」をタップします。

 

最終確認画面になります。

ここで「広告のプレビュー」と「オーディエンス」、「予算と掲載期間」、「支払い方法(クレジッットカード)」の確認をします。初めて出稿する飲食店はクレジットカードの登録も必要になります。

 

「広告のプレビュー」をタップすると、実際に出稿される広告のイメージが見れます。

 

広告のプレビュー

フィードとストーリーズのプレビューを確認することができるので、どちらも確認してから出稿しましょう。

 

ちなみにこちらがフィードのプレビュー。

 

広告のプレビュー

 

そしてこちらがストーリーズのプレビューになります。

 

ストーリーズのプレビュー

 

プレビューも確認して問題なければ、「広告を作成」ボタンを押しましょう。簡単な審査があり、審査通過後に広告が掲載されます。

 

インスタグラム広告と相性の良い飲食店

インスタグラムのSNS広告による飲食店側のメリットや、相性の良い飲食店をまとめてみました。

1若年層、女性のお客様が多い飲食店

インスタグラム利用ユーザー統計

出典:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

インスタグラムの利用ユーザーは若年層や、女性の比率が非常に高く、若い女性をターゲットとしている飲食店には相性バッチリです。

特にインスタ映えするようなメニューがある店舗の場合、インスタグラム利用ユーザーのお客様が来店の際に勝手に拡散してくれるので、一気に拡散性が高まります。

 

2店舗外観や内観、メニューに特徴のある飲食店

インスタグラム広告は基本的に文字ではなく、写真や動画によるビジュアルプロモーションが特徴的です。写真映えするおしゃれな外観、内観の飲食店物珍しいメニューを取り扱っている飲食店はビジュアルによるプロモーションが効果的で、インスタグラム広告とも相性が良いと言えます。

 

3個店はもちろん、チェーン展開している飲食店とも相性◎

実はインスタグラムは、ビジネスとの親和性が高いプラットフォームと言われていて、個店はもちろん、チェーン展開している飲食店でも相性は良いと言えます。

インスタグラムによる公式データによると、全インスタグラムユーザーのうち約8割が、何らかのビジネスアカウントをフォローしているそうです。

最新トレンドやお得な情報(割引・キャンペーン・クーポン)などを追う情報収集ツールとして活用している女性ユーザーは多いようです。なので全国展開しているような店舗でもインスタグラム広告で情報配信していくのは効果的だと言えます。

 

 

 

 

最後に

以上、インスタグラムでの広告出稿の方法を解説しました。SNS広告は、お店をお客様に知ってもらい、来店してもらうための方法として効果的なものと言えます。特にインスタグラムと飲食の相性は良いので、集客に悩まれている飲食店はぜひ広告出稿による集客を試してみてください。

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事