飲食業界のIT化

現在、飲食業界のIT化が急速に進んでいます。例えば、スマホを使ったQRコード決済、電子クーポン、予約管理システムやPOSシステムなど幅広く様々な面で飲食店の業務効率化につながるサービスが次々に出てきています。

本記事では飲食店の現状やIT化の必要性、店舗のIT化を行うことによるメリット、また具体的にIT化が進む飲食店で使うものをご紹介していきたいと思います。

 

飲食業界の現状とIT化の必要性

ITを活用している飲食店は、飲食業界全体の割合から見ると、まだまだ少ないといえます。予約管理や順番待ち、スタッフのシフト管理や入出金管理などをアナログで運用している店舗が多く、また決済も、現金のみしか対応していないという店舗もあります。

そうなると、「予約したはずなのにとれていなかった」「注文したものと違うものが届いた」「このお店は電子決済ができない」など、アナログならではのミスを犯してしまい、お客様側から見ると利便性が悪くなってしまいがちです。

利便性が悪いと客離れが進み、リピーターを逃してしまうばかりか、悪い口コミが広がって新規顧客の獲得も難しくなってしまいます。なので、飲食店を経営し続けていくためにも、時代のニーズに応えたお店作りが最低限必要だと言えます。

 

飲食店がIT化を行うことによるメリット

飲食店が、IT化を行うことで、どんなメリットが考えられるでしょうか?

日常業務の効率化

飲食店経営する上で出てくる、様々な日常業務の効率化が見込めます。例えば、手入力でつけていた売上管理など、POSシステム導入で自動化できますし、タッチパネルメニューを導入し、セルフオーダー型にすることでホールスタッフの手間を取られることもなくなります。IT化を行うことにより、そういった日々の業務効率化が計れます。

 

コスト削減・スタッフの育成強化

IT化による業務効率化や、データ収集による分析ができれば、人件費の削減や、仕入費の削減、広告費削減など、今までかけていた様々なコストの削減につながります。

また、スタッフに手間のかかる業務をしてもらうことが少なくなるので、その分アルバイト従業員や正社員スタッフの育成に力を入れることができ、提供サービスの質向上が見込めます。

 

顧客満足度アップ

飲食店のIT化は顧客満足度アップにもつながります。例えば、普段ポイントを貯めているお客様や、訪日外国人観光客などからすれば、現金のみでなくクレジットカード決済、QRコード決済など様々な決済方法に対応している店舗だと、とてもありがたいです。

また普段持ち歩いているスマートフォンに、パッと画面表示させるだけで割引になるお得な電子クーポンが定期的に配信されるとお得感を感じられ、次回また来店したいと感じます。美味しい料理の提供はもちろんのことですが、そういった小さな取り組みも、顧客満足度アップに繋がります

 

より効果的で効率的な集客

従来の飲食店の集客方法だと、チラシ広告や、雑誌掲載など紙媒体による集客方法が主流でした。ですが、紙媒体が印刷代などの制作コストがかかる上に、効果が目に見えにくいといったデメリットがありました。最近だとInstagaramやtwitterなどのSNS、GoogleマイビジネスなどのWebを使った集客が主流になりつつあります。WebやSNSを使った集客でより良い効果を出すためには、顧客データの収集や分析が必要になります。

POSシステムや、予約管理システム、などを導入すると、自動的に顧客データの収集や分析ができるので、SNSやWebでのマーケティングに活用することができ、より効果的で効率的な集客ができるようになります。

 

 

IT化が進む飲食店の〇〇

それでは具体的に、IT化が進んでいる飲食店で使われるものをご紹介していきたいと思います。

1POSシステム

従来の会計では大きなレジ機を置いたものが多かったですが、最近ではiPadなどのタブレット端末を使ったPOSシステムをよく見かけるようになりました。有名どころだと、「POSレジ」、「Airレジ」などがあげられます。

従来の大きなレジ機だと、導入するのに100〜200万円、さらに月々の保守管理費も数万円と、かなりのコストがかかっていましたが、最近のモバイル端末を使ったPOSシステムは、タブレット端末台を含めても数十万円で抑えられます。

さらに売上データの収集・分析や、ポイント管理もできるようになり、店舗の売上アップに役立ちます。また手入力で金額を打つレジに比べて、時間短縮やミス軽減にも繋がるためお客様側も安心です。

 

2飲食店メニュー

タッチパネルメニュー

飲食店に必ずと言っていいほど置いてあるメニュー表もIT化が進んでいて、紙のメニューからタッチパネルのメニューが普及しています。タッチパネルのメニュー導入のメリットとして、セルフオーダー化することによる人件費の削減、スタッフ教育のコストダウン、オーダーミスの防止、などがあります。

とはいえ、システム上の機械的なトラブルが発生した場合に、タッチパネルのメニューしか置いてなければ、お店自体が機能しなくなるので、いざという時のための紙のメニューも置いておくことが必要になるかと思います。

 

3クーポン

電子クーポン

お店の集客や、リピーターを作る施策としてよく使われるクーポンの発行。こちらも紙のクーポンから、普段持ち歩いているスマートフォンで表示させる電子クーポンが伸びてきています。実際に利用したことがあるといった方も多いのではないでしょうか?

大型チェーン展開している飲食店などでは、独自のアプリを開発してアプリ内でクーポンを発行したりしていします。個人経営の店舗でもLINE@などの無料で使えるツールを使って、電子クーポンを発行することも可能です。

電子クーポンはSNSとの相性もいいので、クーポンとSNSを組み合わせて、新規顧客の獲得なども期待できます。

 

4電子決済(QRコード決済)

QRコード決済

飲食店での決済方法もIT化が進みつつあり、キャッシュレス時代へと突入しています。例えば100億円キャンペーンでも話題となった「Pay Pay」などのQRコード決済がここ最近でかなり伸びていて、利用者も導入店舗も右肩上がりとなっています。

アジア圏で見ると日本のキャッシュレス文化はかなり遅れていますが、日本政府も2025年までに、キャッシュレス決済比率を40%に引き上げることを発表していて、QRコード決済をはじめとする電子決済がこれからどんどん普及していくことが予想できます。

特に、Pay Payが行なっているキャンペーンなどは、飲食店にとっても大きなビジネスチャンスとなるので、未導入の店舗はすぐに導入することをおすすめします。

 

5予約管理システム

予約管理システム

お客様からの予約も予約管理システムを使って管理する飲食店も増えています。代表的なものをあげると、「AirRESERVE」、「RESERVA」「TORETA(トレタ)」などがあります。

予約管理システムを導入することによって、ミスのない予約管理が可能になります。また、顧客情報のデータ化で、来店日、注文コース、金額などのデータの収集ができたり、予約管理システムの中には、リマインドメールなどの通知メール機能が付いているものもあり、予約キャンセル防止に繋げたりすることもできます。

 

6無料Wi-Fiや充電サービス

無料Wi-Fi

IT化とは少しそれますが、最近飲食店(特にカフェ)で無料Wi-Fiや充電サービスを提供している店舗も急激に増えてきました。その理由はスマートフォンの普及によって、無料Wi-Fiや充電サービスのニーズが生まれたことが考えられます。無料Wi-Fiや充電サービスを提供することによって、より良い集客効果が見込めます。

アメリカの一部の店舗のスターバックスではスマホの「充電器貸し出しサービス」も行なっているようです。しかもその充電方法がとてもスマート。

スターバックスコーヒーの充電器貸し出しサービス
出典:http://news.livedoor.com/article/detail/9726317/

「Powermat」という輪っかをスマホに接続し、机に埋め込まれた充電器の上にスマホを置くだけで充電できます。今後日本でもこういったサービス提供が導入されるのではないでしょうか。

 

最後に

以上、飲食業界のIT化についてまとめました。必ずしもIT化にすることがいいとは言えませんが、効率化できる部分はIT化した方が店舗にとってのメリットが大きく、業務効率化やコスト削減、顧客満足度のアップ、そして最終的に店舗の売上アップつながります。

まだIT化が進んでいない飲食店はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事