改正健康増進法(受動喫煙防止対策)に!飲食店専用POPを無料でご提供。

2020年4月1日から「改正健康増進法」の開始により飲食店の喫煙ルールが大幅に変わります

本記事では「改正健康増進法」直前対策として、飲食店の喫煙ルールについてのおさらいと、飲食店に必要な標識(POP)の無料提供のご案内をあわせて行います。

 

改正健康増進法で変わる飲食店の喫煙ルール

改正健康増進法とは「望まない受動喫煙」をなくすことを目的とした法律ですが、今回の改正により原則屋内は禁煙となります。しかし、一定の要件を満たせば飲食店は喫煙環境を継続できます。自店が受動喫煙対策のどのタイプに該当するのか?置き換えながら確認されてみてください。

 

新規開業店と、大規模の飲食店

次の内のどれか一つに当てはまる飲食店は喫煙環境を選択する必要があります。

新規開業店と、大規模の飲食店

  • 新規店(2020年4月1日以降に開業する飲食店)
  • 資本金5000万円越えの飲食店
  • 客席面積100㎡越えの飲食店

 

●喫煙環境
屋内全面禁煙 or 加熱式たばこ専用喫煙室の設置 or 喫煙専用室の設置

※喫煙専用室での飲食はできない。
※加熱式たばこ専用席では飲食可能。
※喫煙専用室、加熱式たばこ専用席には20歳未満の者(従業員含む)を立ち入らせることはできない。

 

既存の飲食店のうち経営規模の小さい店舗

既存の飲食店のうち経営規模の小さい店舗

●喫煙環境
喫煙可能 or 屋内全面禁煙となります。

全ての施設で、 喫煙可能部分は 客・従業員ともに 20歳未満は立ち入ることができません。ただし、喫煙専用室と同等の煙の流出防止措置を講じている場合は、 非喫煙スペースへの20歳未満の立入りは可能となります。

 

飲食店専用POPを無料でご提供

例えば喫煙専用室を設置した場合、喫煙できる場所の出入口とその施設の主な出入口のみやすい場所にその旨を表示しなければなりません。施設内を禁煙にした場合は標識を直ちに除去する必要があります。【違反時の罰則:50万円以下の過料】

そのためメニューデザイン研究所では大阪府健康医療部健康推進室(健康づくり課生活習慣病・がん対策グループ)監修の元、標識(POP)の各種デザインを行いました。メニュー作成サービス「MyMDL」の機能を実装することでWEB上で簡単に店名が書き換えもできるオリジナリティの高いPOPを無料でご提供しています。

 

POPの一例

 

 

 

POPのご利用にはMyMDLの登録が必要となります。

 

最後に

新型コロナの感染拡大で飲食業界は憂き目の渦中にありますが、しっかりと改正健康増進法(受動喫煙防止対策)の対策を施すことで店舗への信頼度もより一層高まる時期かとも思います。そのためのツールのひとつとしてご活用いただけることを願っております。

参考:健康増進法の一部を改正する法律案 概要

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事