飲食店で使える改正健康増進法(受動喫煙防止対策)POPを無料でご提供

2020年4月1日から「改正健康増進法」の開始により飲食店の喫煙ルールが大幅に変わりました。これに伴いメニューデザイン研究所では飲食店様で使える標識(POP)を無料でご提供しています。

今回は第2弾としてリリースしたPOPごとの説明と無料ダウンロードの方法をご紹介します。

 

WEB上で600種類以上のメニューが無料でつくれるMyMDL!

MyMDLとは600種類以上にも及ぶメニューテンプレートを編集できるサービスです。飲食店メニューに携わってきたメニューデザイン研究所デザイナーによるプロのデザインをベースに編集が行えるため、オリジナリティの高い高品質なメニューを無料で作成できます。(一部有料ユーザー向けテンプレートがございます。)

MyMDLでは「改正健康増進法」の施行にあたり、異なるシチュエーションにも対応する標識(POP)を無料でご提供しています。

 

 

改正健康増進法テンプレート

改正健康増進法の施行を受けて告知が必要となる9種類のPOPをご紹介します。

 

禁煙POP

店内だけにとどまらず、敷地全体が禁煙であることを告知する際に便利なPOPです。店名を自由に編集できるPOPとなります。

 

加熱式たばこ機種POP

加熱式たばこのみ喫煙可能な専用室POPです。加熱式たばこの機種名を明記しているので対象者へ安心感をあたえることができます。

 

喫煙専用室POP

店内での喫煙(加熱式たばこ含む)と飲食が可能となる「喫煙専用室」のPOPです。和食業態や外国人向けの飲食店におすすめのデザインです。

 

喫煙できますPOP

喫煙できることを分かりやすく伝えるPOPを3種類ご用意しています。喫煙できることをアピールすることで集客にも結びつけることもできそうです。

 

喫煙できますPOP(案内付)

喫煙室が店舗の2階以上や奥にある場合、同時い案内ができるPOPです。お店のロゴを自由に編集できるのでオリジナリティの高いPOPを作成することができます。

 

最後に

そのまま使えるものからロゴを編集できるものまでをご紹介しました。しっかりと改正健康増進法(受動喫煙防止対策)の対策を施すことで店舗への信頼度もより一層高まる時期かとも思います。そのためのツールのひとつとしてご活用いただけることを願っております。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事