一般のお客様のメニューデザインに対する感想を聞いてみた

飲食店メニューって、意外と軽視しがちです。

でも実は飲食店メニューって顧客満足度を高めたり、出数のコントロールができたりするとても重要なツールなんです。

 

もっと飲食店様にメニューの重要性に気づいて欲しい!

 

戦略ツールとして、意図的な狙いのあるメニューブックを置いてあるお店で、実際のお客様のリアルな声を聞けばその重要性に気づくはず!

そう考え、実際の一般のお客様のメニューデザインに対するリアルな声を収集するために今回、MEDIYライター山崎と一般女性まゆさんで大阪天満にある焼き鳥屋 一石五鳥様へやってきました!

一石五鳥様にはメニューデザイン研究所の手がけたメニューやPOPが置かれています。

 

まゆ
山崎さん、おいしいご飯ご馳走してくれるんですか?

 

山崎
もちろん!

 

※まゆさんにはただご飯をご馳走するとだけ伝えてあり、今回の企画概要は知りません。

 

店頭を指差す山崎

 

山崎
まゆちゃん、店頭のあれを見てごらん!

 

店頭POPについてコメントするまゆ

まゆ
「カップル歓迎、距離が近くカウンター席」面白いPOPですね〜。文字だけだけどユーモア性もあって入りたくなるかも。

 

山崎
(お!さっそくいい反応してる!)

 

 

 

山崎
それじゃあ、早速店内へ入ろうか!

 

一石五鳥 店内の様子

一石五鳥様の店内メニューはもちろん、店内POPや木札などもメニューデザイン研究所が全て手がけています。

 

一石五鳥 店内の様子

一石五鳥 店内の様子

一石五鳥 店内の様子

山崎
(これ見てまゆちゃんはどんな反応するだろう....!)

 

 

 

店内メニューを見る二人

山崎
さぁまゆちゃん、早速注文しようか!食べたいもの選んでくれるかな?

 

まゆ
はい!

 

店内メニューを見る二人

まゆ
えぇっと...何にしようかな...!

 

メニューを選ぶまゆさん

まゆ
「刺身の5種盛り」にします!

 

山崎
おっ!いいねぇー!

 

山崎
ところでまゆちゃん、なんで5種盛りを選んだの?

 

なぜ選んだかを答えるまゆ

まゆ
うーんなんとなくですけど、これがおすすめなのかなーって気がしたんで。

 

山崎
なるほど!いいチョイスだね。実はこのメニュー....意図的にそれを選ぶよう狙ったメニューなんだ!

 

驚くまゆさん

まゆ
え、そうなんですか?

 

メニューデザイン

山崎
これを見てごらん!メニュー全体を見たときに自然と右側に目がいくよね!

 

まゆ
確かに!朱色の線で囲まれているせいか、目がいっちゃいます。

 

解説する山崎

山崎
さらにフォントの大きさの違いにも注目してほしい!

 

何かに気づくまゆさん

まゆ
あ、「5種盛り」だけ少し大きくなってる!

 

山崎
そう!単純に同じ大きさの文字を並べるだけでなく、大きさを微妙に変えてメリハリをつけているんだ!さらにフォントの種類も使い分けて、見やすく、狙いのあるメニューになっている!

 

納得するまゆさん

まゆ
なるほど〜!いつもなんとなく目に入ったもので食べたいものを注文してたけど、デザインでこんな狙いがあったんですねー。メニューって深い。

 

 

 

ドリンクメニュー

山崎
ちなみに、ドリンクメニューも2つに分けて差別化しているんだ!

 

まゆ
同じドリンクメニューなのにこんなにデザインが違うんですね〜!

 

山崎
まゆちゃんだったらどっちに目がいく?

 

果実サワーメニューを選ぶまゆさん

まゆ
私だったらカラフルなこっちのメニューに目がいきます!「果実サワーおいしそー」って思っちゃいました!

 

山崎
やっぱりそうだよね!女性の多くはこちらの方に目を取られると思う!

 

 

山崎の心の声

山崎
(おお!期待以上のいい反応!!!!)

 

 

 

店内POP

山崎
ちなみに店内に貼ってあるPOPは、お店に入った瞬間にお客様の目にとまるような狙いがあるんだ!紙のサイズや種類、色も変えていて、狙ったところに視線を持っていくよう誘導しているよ!

 

山崎
さらに手書き文字とパソコン文字でも差をつけてる!

 

上を見上げるまゆさんと山崎

まゆ
ほんとだー!こんな細かいところまで考えているんですね!確かにお店入った時から「つくね食べたい」って思っちゃってたかも!

 

 

解説する山崎

山崎
そう!その一般のお客様のなんとなく食べたいを意図的に作って、結果的に狙い通りのメニューを注文してもらう、お店側の想いと戦略を詰め込んだメニューがメニューデザイン研究所の作るメニューの特徴なんだ!

 

まゆ
すごい!でもそこまでする必要ってあるんですか?文字を並べたメニューがあればそれで十分じゃないですか..?

 

山崎
そう思っている飲食店様は多いと思う!だけど、それだけでは不十分なんだ!

 

山崎
本当にお客様に食べてほしいものは、当然表現にも力が入るよね!そのお店の想いを僕たちは食べにきたお客様に上手に伝わるメニューを作っている。さらにお店の課題解決に繋がる収益改善の役割を持ったメニュー制作を心がけているよ!

 

まゆ
すごい!メニューでそこまでできるんですね..!ちなみにこれって全部山崎さんが作ってるんですか?

 

解説する山崎

山崎
いや、僕はライターだからデザインはしないけど、メニューデザイン研究所の飲食店専門のデザイナー達がデザインしているよ!

 

まゆ
飲食店専門のデザイナーっているんですね!

 

まゆ
でも、お店の人とのやりとりって大変そう!お店側の想いとか、狙いとかたくさんありそうで...。

 

山崎
そう!そのお店想いをメニューで伝えるために欠かせないのがメニューデザイン研究所の営業プランナーなんだ!

 

まゆ
営業プランナー!?

 

 

山崎
そろそろ、来る頃だけど...

 

山崎
お、きたね!

 

 

 

営業プランナー任田くん

営業プランナー任田くん

任田
大将やってるぅ?

 

山崎
営業プランナーの任田くんだ!

 

まゆ
......。

 

解説する山崎

山崎
営業プランナーが普段飲食店とのやりとりをして、お店側の想いを汲み取り、それをデザイナーへ伝えてデザイナーがメニューデザインを形にしていくんだ!もちろん、デザイナーがミーティングに入ることもあるけど、窓口は基本営業プランナーが担当するよ!

 

まゆ
メニューデザイン研究所のチームワークってすごいですね!

 

任田
ありがとうございます!僕たちメニューデザイン研究所は飲食店の気持ちになって、お店のスタッフの一人としてお店の食べてほしいものをお客様に食べてもらうにはどうすればいいか常日頃から考えています!

 

 

 

 

山崎
さ、メニューデザインの重要性とメニューデザイン研究所についてわかったところで、まゆちゃん注文してくれる?

 

まゆ
はい!

 

 

まゆ
すみませ〜ん!

 

注文するまゆ

まゆ
とりあえずドリンク、果実サワーください!

 

注文をきく店長

店長
へい、ありがとうございます!

 

 

 

サワー

店長
お待たせしました!

 

 

それでは.....

 

カンパ〜イ!

この後、お店の想いが込められた料理をたくさんいただきました!

 

 

メニューデザイン研究所は飲食店様の想いを形にするメニューデザインを制作しています。興味を持たれた飲食店様はぜひメニューデザイン研究所へメニュー制作以外のことでもなんでも気軽にお問い合わせください。

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事