ご繁盛メニューブックを作ろう!メニューデザインスクール②「文字の組み方」

 

谷口
どうも、メニューデザイン研究所の谷口です!

 

当社が運営する「メニューデザインスクール」のカリキュラムにある実用的なテクニックを解説する実践編。第二回はベテランデザイナーでも「いちばん大事」という方がいる「文字の組み方」です。メニュー表を見るのは短時間で、店の照明が暗いケースもあり、直感でわかるデザインにする必要があります。すべて読んでもらおうと考えず、パッと見て情報が頭に入る文字組みにするべきです。

 

 

 

文字組みの基本4項目

メニュー表の悪い例として良く目にするのが、縦書き横書きが入り混じって見づらい、漢数字が縦に並んでわかりにくい、コピー、商品名、価格に統一感がないなどです。これを整理するポイントとして、当社では文字組みの基本4項目を定めています。それが

①メニュー名をスマートにする
②価格のスタイル
③キャプションなどの文章
④全体の余白調整

 

「①メニュー名をスマートにする」は文字詰めを調整するカーニングや商品名のサブタイトルの文字を小さくすることで、「②価格のスタイル」は英数字のサイズ変更とベースラインの調整です。一般的なフォントでは欧文は文字が小さくなり、下部が浮いた状態になる傾向がありますから、日本語とラインを合わせます。また「○△□円(税別)」なら「円」と「(税別)」は小さく表記した方が見やすくなります。

「③キャプションなどの文章」は行間や改行箇所の調整で、文頭に助詞や音引きが来ないようにカーニングで微調整する方法もあります。これらのセオリーを踏まえて「④全体の余白調整」で余白を調整するわけです。

 

 

メニュー名をスマートにする

文字の組み方

上画像のテキスト(左)はパソコンのキーボードで打ち込んだそのままの文字列、テキスト(右)は受講生の吉田麻衣氏が実習で作った成果物です。Aはカギカッコをとって文字に大小をつけることで「産地」「ボリューム」「料理」を強調し、Bは「の」を小さくしており、伝えたい情報を理解して整理できています。Cの商品名は2行目ですから、付加価値である1行目をショルダーコピーあるかいで小さくするアイディアも優秀です。小さな「ゃ」、「ー」などはそのままだと間延びして野暮ったく見えますから、カーニングで詰めるともっと綺麗に見やすくなると思います。

 

 

全体の余白の調整

文字の組み方

課題4では、課題1〜3を踏まえてドリンクメニュー 表を汲み上げる実習をしました。文字だけの紙面を読みやすくするポイントは、左右の余白を広めにとって「視線を逃す」ことと、カテゴリごとにブロックで捉えることです。その際に見えない「ガイドライン」を引いて、頭や後ろを揃えるだけでもかなり見やすくなります。

右に示した通り、吉田氏は、メニュー表にガイドラインを引き、左右15mm、センター13mmの余白を設けて視線を逃しました。また「円」の文字をサイズダウンし、焼酎カテゴリをまとめて「芋」「麦」マークをつけることで見た目をすっきりさせています。原価率の高いビールを後半に移動し、サワーを売る作戦もお見事です。

 

 

スクール受講者の声

株式会社ATE-LINK 吉田麻衣氏
1988年12月生まれ、兵庫県姫路市出身。テレビ局で3年間アシスタントディレクターとして報道番組制作などに携わる。外食産業に転身し、スポーツバー店長などを経て、2017年7月に居酒屋「まるまさ」シリーズなど外食11店を展開する株式会社ATE-LINKに入社。

 

吉田麻衣氏

スクールの冒頭に「悪い例」として架空のメニュー表を示されましたが、まさに私がよくやるパターンでした。紙面いっぱいに文字が並んでいてゴチャゴチャと見づらく、情報の取捨選択ができていませんでした。店の想いを全部詰め込むのではなく、店のコンセプトや方針を把握してすっきりとした見せ方にするべきだと気付かされました。

4つの基本のうち、「①メニュー名をスマートにする」と「②価格のスタイル」のカーニングなどは比較できている自信がありましたが、膝をうったのは④の全体の余白調整。目分量ではなく、罫線を意識して揃える、ブロックで捉えるというコツを知ったのは大きかったです。

早速、当社の新店の大衆酒場「ニューマルマサ」のドリンクメニュー表を作り直しました。全体の余白調整を活かすことで、お客様がストレスなく見られるメニュー表に少しは近づけたのではないかと思います。

 

スクール受講後に吉田氏が制作したドリンクメニュー表。

文字の組み方

ガイドラインを引き、余白と罫線を意識したブロック構成で見やすいデザインに変更した。

 

 

 

最後に

以上、「文字の組み方」についてご紹介しました。いいメニューデザインを制作する上で、「文字の組み方」は最も大事な項目の一つです。しっかりと抑えてぜひ活用してみたください!メニューデザインスクールについては下記ボタンからご覧ください。

 

 

 

 

株式会社メニューデザイン研究所

メニューデザイン研究所は「メニューデザインを科学する」をモットーに飲食店の課題解決と経営改善をサポートします。「世界中の『お品書き』を『想い書き』へ」をビジョンに掲げ、メニューデザイン伝道師として飲食店のメニュー表や販促物の企画、制作を手がけています。

 

谷口
「今抱えているお店の課題解決をしたい」、「経営改善をしたい」とお考えの飲食店様は、ぜひメニューデザイン研究所へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事