手書き文字

 

谷口
どうも、メニューデザイン研究所の谷口です!

 

当社が運営する「メニューデザインスクール」のカリキュラムにある実用的なテクニックを解説する実践編。第三回は「手書き文字」についてです。

料理や温度や鮮度、ボリュームなどがより伝わりやすい筆文字は、手描きならではの味わいがあります。そしてポイントさえ押さえれば、字が上手でなくてもうまく描けるようになるのです。

本記事では

  1. 温かみのある文字
  2. 味わいのある文字
  3. 動きのある文字

という3段階を設けて進めています。

 

 

 

 

3種類の手書き文字

実習1 動きのある文字

まず①「温かみのある文字」は全体的に丸く、イチゴのような逆三角形を意識して頭でっかちに文字を書きます。カタカナの場合は直線を曲線に変え、書道で言う「はね」や「はらい」をつけないこと。書き終わりを止めることで、読みやすい優しい文字になります。

 

②「味わいのある文字」は文字のどこか一箇所に極端に太い・細い線を作ります。迷ったら一画めを太くするとバランスがとりやすくなります。書き順を無視して、絵を描くつもりで筆を運んでみましょう。

 

③「動きのある文字」は一文字ごとに大きさを変えて崩し、字の隙間を開けないようにきっちり詰めます。どの文字を大きくすべきかは、前号で解説した「文字の組み方」を参考にしてください。

 

①〜③を踏まえて、講座では日替わりメニューを一枚の紙に各実習を採り入れています。文字の配置を考えてレイアウトを組んだら、ポイントとなる大きな文字だけを先に書きます。段階的にコピーを数回撮っておけば、ミスをしても途中からやり直せます。

 

文字のサイズを決めて鉛筆でアタリをつけたら、ここからは思い切りが大事です。書き順を無視して下から上、右から左に書いてみるのも良いですね。上のテキストでは「地」の土偏を極端に小さくする「親」の偏とつくりの並行を崩すなどで動きを出しています。下はスクール受講生の吉田麻衣氏の実習作品です。まず「新鮮」「濃厚」を大きく、「と」「に」を小さく書いて情報を整理。次に逆三角形の文字にして、崩すことで躍動感を出しました。」レモンを象った「レ」が良いアクセントになっています。

 

 

 

工夫次第で情報が多くても見やすいメニューに

実習2 日替わりメニュー

右は当社のサインペインターが書いたサンプルです。この見本のように文字の大きさ、線の太さ、動きを工夫すれば、情報量が多くても見やすいメニュー表が作れます。

左はこれを参考にしてメニューデザインスクール受講生の吉田氏が作成した実習作品ですが、筆文字が初めてとは思えないハイレベルな仕上がりです。真っ先に目に入る左上の「活!!」と、朱で◎をつけるアイディアはさすが本職のデザイナーさんです。「魚」をイラストスタイルにしたり、ポテトサラダの「ほくほく」と言う擬音を囲んだりと、メリハリの中にも楽しさを散りばめたメニュー表ができました。

 

 

スクール受講者の声

株式会社ATE-LINK 吉田麻衣氏
1988年12月生まれ、兵庫県姫路市出身。テレビ局で3年間アシスタントディレクターとして報道番組制作などに携わる。外食産業に転身し、スポーツバー店長などを経て、2017年7月に居酒屋「まるまさ」シリーズなど外食11店を展開する株式会社ATE-LINKに入社。

 

吉田麻衣氏

 筆文字は「整っていること」が大事だと思い込んでおり、手書きメニューを作るときは字がうまい社員のスタッフに頼んでいました。でも、今回のスクールを受講して、その先入観がなくなりました。何を伝えたいのかをきちんと考え、意図を込めてかけば、1日でここまで描けるようになるんだな、と。パソコンのキーボードを打つだけではすぐに頭から消えてしまいますが、手書きするときには頭の中で字を思い浮かべています。そうすると強調すべき文字が自ずとわかり、商品に対する理解が深まるという気づきもありました。

 

 

受講生の書いた文字

受講後に作った当社の「姫路イタリアン酒場 MARUMASA」の差し込みメニュー。情報を整理して文字にメリハリをつけ、飾り文字をプラスされています。温かみがあり、おいしそうなメニュー表に仕上がっています。

 

 

最後に

以上、「手書き文字」についてご紹介しました。メニューで使う手書き文字は字が上手であれば良いと言うわけではありません。狙いや意図を意識し、作り手の想いのこもった手書き文字をお客様に届けるように手書き文字テクニックを身につけておくことをおすすめします。

 

 

 

 

株式会社メニューデザイン研究所

メニューデザイン研究所は「メニューデザインを科学する」をモットーに飲食店の課題解決と経営改善をサポートします。「世界中の『お品書き』を『想い書き』へ」をビジョンに掲げ、メニューデザイン伝道師として飲食店のメニュー表や販促物の企画、制作を手がけています。

 

谷口
「今抱えているお店の課題解決をしたい」、「経営改善をしたい」とお考えの飲食店様は、ぜひメニューデザイン研究所へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事