メニューデザインスクール Photoshop講座

 

谷口
どうも、メニューデザイン研究所の谷口です!

 

今回のテーマはデザイナーが使用する画像加工、編集ソフトの「Photoshop」です。非常に多機能で優秀なソフトですが、それだけに使いこなせず、苦手意識があったりしませんか。当スクールでは講座を2回に分け、デジタル画像の補正に必要な基礎知識からプロのテクニックまでを段階的に解説します。今回はメニュー表づくりに特化した、より実践的な使い方を紹介します。

 

 

 

画像を美味しそうに見せるPhotoshopの機能

Photoshopには多くのツールがありますが、全てを使う必要はありません。メニュー表作成の時に必要な作業は「切り抜く」と「大きさ変更」、画像を美味しそうに調整する「色補正」と「明るくする」の4つです。今回のポイントはこのうち最も重要度の高い色と明るさを調整できるツールの「トーンカーブ」です。

画像全体を加工すると写真ごとに色調がばらついてしまいますが、トーンカーブは画像をピンポイントに補正できます。例えば、皿の色を変えずに料理だけを明るくしたい、さらに言うと刺身盛り合わせのマグロだけを赤くするといった微調整も可能です。

「自動補正機能」も一見便利です。ただただ、補正後の調整が難しく、細かい部分が修正できないデメリットが大きいため、できるだけ手作業で補正しましょう。また、パソコンのモニターと紙の印刷では環境が全く違います。データをCMYKに変換してから作業することを忘れないでください。

Photoshop講座

谷口

「Photoshop」はメニュー写真の画像補正に作業を絞ると重要な機能は限定されます。ソフトのツールで数えると3つです。「大きさ変更」で使う画像解像度と、「切り抜く」のペンツールは誰もが使っているツールですが、「色補正」と「明るくする」の作業は画像全体で処理しがちです。というのも、トーンカーブは高度なツールで敬遠する人も多い。でも、結果的に覚えてしまった方がデザインの精度を上げるには近道です。使いこなせれば、料理写真のクオリティは格段に上がりますよ。

 

 

ピンポイントの明るさ補正

「Photoshop」はメニュー写真の画像補正に作業を絞ると重要な機能は限定されます。ソフトのツールで数えると3つです。

「大きさ変更」で使う画像解像度と、「切り抜く」のペンツールは誰もが使っているツールですが、「色補正」と「明るくする」の作業は画像全体で処理しがちです。というのも、トーンカーブは高度なツールで敬遠する人も多い。でも、結果的に覚えてしまった方がデザインの精度を上げるには近道です。使いこなせれば、料理写真のクオリティは格段に上がりますよ。

スクールでは課題1で全体の補正、課題2で一部のみを補正といったように段階的に実習します。課題5は逆光になった料理写真の補正です。補正しないテーブルと皿を投げ縄ツールで囲み、レイヤーマスクで覆います。これでトーンカーブを使ってもマスキング箇所はそのままです。黒く潰れてしまった写真はコントラストを上げて明るくしますが、これもマスキングをしないと全体が白くなるため、要注意。ハイライトを入れてツヤを出すなどの上級技にも挑戦してみましょう。

Photoshop講座

 

 

 

スクール受講者の声

株式会社ATE-LINK 吉田麻衣氏
1988年12月生まれ、兵庫県姫路市出身。テレビ局で3年間アシスタントディレクターとして報道番組制作などに携わる。外食産業に転身し、スポーツバー店長などを経て、2017年7月に居酒屋「まるまさ」シリーズなど外食11店を展開する株式会社ATE-LINKに入社。

 

”トーンを統一するように心がけています。”

吉田麻衣氏

「Photoshop」は独学で使っていたため、幸沢おとおして便利な機能やショートカットをたくさん学べたことが収穫でした。講義の中で「正しい知識を持っていると無駄が減る」と言われましたが、本当にその通りですね。料理写真の画像補正の考え方も理解でき、これまでの講座で学んだ美味しそうな写真の基本をふまえて、より「シズル感」のある画像補正が効率的にできるようになりました。

当社では全点共有のSNSアカウントを持っており、各店の店長が撮った写真を使うことがあります。でも、撮影環境によって暗かったり、赤みを帯びていたりとトーンがバラバラなので、私が調整して統一します。左上は「大衆酒場ニューマルマサ」の店長が撮影したインスタグラム用の写真ですが、せっかくのフルーツが暗くてよくわかりません。そこで左下のように明るく補正しました。レモンとすだちのシズル感とチューハイの清涼感を表現できたと思います。

 

Photoshop講座

 

 

 

最後に

以上、メニューデザインスクールの「Photoshop講座」についてご紹介しました。Photoshopはデザイナーなら使うことの多いソフトですが、料理写真をより美味しく見せるための使い方を知らない人が多いと思います。一度詳しく学んでみたいという方はメニューデザインスクールをご検討ください。

 

 

 

 

株式会社メニューデザイン研究所

メニューデザイン研究所は「メニューデザインを科学する」をモットーに飲食店の課題解決と経営改善をサポートします。「世界中の『お品書き』を『想い書き』へ」をビジョンに掲げ、メニューデザイン伝道師として飲食店のメニュー表や販促物の企画、制作を手がけています。

 

谷口
「今抱えているお店の課題解決をしたい」、「経営改善をしたい」とお考えの飲食店様は、ぜひメニューデザイン研究所へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事