今回ご紹介するのはユニフォームの制作を行う株式会社エムズです。

 

ユニフォームは飲食店にとって働く上ではなくてはならないものです。店舗の多様化によってユニフォームも変化を遂げており、機能的であることはもちろん、デザイン性を強く求められてもいます。働き方が変わりつつある今、飲食業界のユニフォームも今までの型を破り新たな価値を見出そうとしています。

そんな業界において一早くユニフォームの重要性に気づきユニフォームの制作を行う会社がエムズです。働くためのツールから、働きたくなるツールへと価値を訴求する同社に迫ります。

人手不足は時代のせい?それとも...?

なぜ自分の店は採用募集が集まらないのか...
  • 飲食店の勤務時間の異常な長さ
  • 休日の少なさ
  • 激務なのに給料が安い
  • 人間関係の悪さ
  • 慢性的な人手不足
  • 働いている人がイキイキとしていない...

「働き方」が問われる現代、飲食業界全体が抱える目下の悩みは人手不足です。飲食業界はとりわけ、業務量に対してスタッフの人数が不足していると言われています。募集をしても人が集まらず、採用しても定着しない ”慢性的な人手不足” に頭を悩ます経営者の方もきっと多いはずです。

しかし、厳しい労働市場の中でも的確に人材を集めている会社はあります。そういった会社でよく実践されているのが、制服・ユニフォームの導入や見直しです。本来、制服・ユニフォームは人材獲得のためのアイテムではありませんが、最近では制服・ユニフォームが持つ「リクルート効果」が注目されています。

 

2極化の時代、対策の術は?

人手不足と叫ばれていますが全ての企業が人手不足になっているわけではありません。労働者から選ばれて人が充足している会社もあるということです。結局のところ2極化が進んでいるのです。飲食店の勝ち負けはお客様以前に「働く人から選ばれるかどうか」によって決まるということです。

そんな選ばれる会社が行っているのは何なのでしょうか?現代では仕事に「お金を稼げること以外の価値」を付加することが求められています。その有力候補になるのが、制服・ユニフォームです。「あんな制服を着て働きたい!」と思われるような魅力的な制服のある会社は、社員やアルバイトスタッフの意見を汲めている風通しの良さを与えるでしょう。店舗では志望者の増加だけでなく、既存スタッフのモチベーションアップなど、様々な相乗効果が生まれるはずです。

 

「ユニフォーム」で働く人を笑顔にする会社

「ユニフオームは単なる “衣類=物” ではなく職場環境創りの一環」として掲げるのが、創立から30年に渡りユニフォーム制作を行う株式会社エムズです。代表取締役会長の徳間 壽美子氏が初めて手掛けたロングドレスを都市ホテルに納品した際、受け取ったスタッフの方の笑顔が「ユニフォーム」の価値そのものだと語られています。働く人を笑顔にするユニフォームつくりは変化し続ける現代でも受け継がれています。長きに渡りユニフォームの価値を啓蒙し業界を牽引してきたエムズ社の強みとこだわりをまとめてみました。

 

ワンストップが支えるエムズの強み!

ユニフォームの役割を単なる消耗品として受注し、作成しただけでは笑顔は生まれていなかったかもしれません。また、創立当時から変わることなく職場の環境創りの一環として飲食店のユニフォームを手がけてこられたのにはエムズ社独自の生産ラインが大きな意味を持ちます。

エムズの強み!
要望を踏まえて最適な提案を行う営業、外部との調整を図る生産部、それを形にするデザイナー、型紙を作るパタンナー、そして縫製を行う工場まで、すべてを自社で完結できるワンストップが可能。

 

1【営業部】自分が着たくないものは、決して提案しない

ユニフォームは働く人のモチベーションを上げたり、職場環境の向上を図ったり、お店のイメージ作りの一端を担ったりしています。そのために、デザイン、機能、納期、予算、納品後のオペレーションなど様々な部分において、心から良いと思えるまで考え尽くしています。「自分が着たくないものは、決して提案しない」という意思でお客様と向き合います。

2【商品部】質を支えるコミュニケーションの量と力

社内の営業がお客様の要望をくみ取り、デザイナー、パタンナーが一描いたにユニフォームを完成させるために、内・外とのブレーンとの連携を行い質を高めることが商品部の重要な仕事です。関わる人々の期待に応えるために、力を存分に発揮しあえるパートナーと関係性を育て、質の高いユニフォーム作りを行っていきたいと考えています。

3【企画部】ユニフォームを通じて行う課題解決

デザイナー企画部では機能性や、店舗と雰囲気があっているかなど、様々な観点から物事を考える姿勢がとても重要になります。そのようななかでも「お客様に合ったユニフォームを提案する」ということに重きをおいています。本当にほしいもの、必要なものはなにか、ユニフォームを通じてお客様の課題をどのようにしたら解決できるのかを徹底的に模索します。

 

4【商品部】お客様とデザイナーその両者の想いを紡ぐ

パタンナーパタンナーはデザイナーが仕上げたデザインを元に、工場で使う型紙に起こしていく仕事。また出来上がった製品チェックなども行っています。アパレルと違って、同じものを何年にもわたって出来上がってくるように配慮しなければならないため、型紙作りはできる限り分かりやすく、作りやすいものにすることがパタンナーとしての務めだと思います。

 

5【生産部】チームワークで同じゴールに向かう

エムズ 生産部パタンナーが考えたユニフォームを形にするのが工場の主な仕事。出来上がったものの検査や出荷対応も行うのが生産部です。飲食業態といっても多岐にわたるため、求められる機能やデザインも様々。営業やデザイナー、またパタンナーといった他メンバーとの連携を図ることで同じ想いを持ちながら完成品のクオリティーを保ちます。

 

【事例・実績】お客様の声

数多くのユニフォーム会社のなかでも選ばれる理由がエムズにはあります。そしてまた実際に制作を依頼し導入された飲食店様も多くおられます。『従業員の働きが映えるユニフォームが良い。』『年齢や性別を問わず着ることのできるデザイン。』等、寄せられた声には働き方を変え、スタッフの笑顔をいきいきしたものに変えられることのあらわれです。実績豊富なお客様の声は下記からご覧いただけます。

 

 

まとめ

今回の記事ではエムズ社のユニフォームをご紹介しました。ユニフォームの改善こそが採用ブランディングにまで大きく関わることがお分かり頂けたと思います。またデザイン性だけに目を向けるのではなく、お客様のお悩みを抽出し、ユニフォームを通じて課題解決までを行えるのがエムズ社の強みでした。

働き方を変えたいと望まれている経営者の方には、いつもスタッフさんが身に着けているユニフォームに着目してみてはいかがでしょうか?身近な所にお店が変われるきっかけがあるかもしれません。

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事