レジー

 

アメリカの「レジー(Rasy)」というサービスをご存知ですか?レジーは急速な伸び率をみせているレストラン予約サービスです。今後、日本進出も期待されています。本記事ではレジーについてのご紹介と、利用者に選ばれる理由についてまとめていきたいと思います。

 

日本とアメリカでの経済のスピードの違い

アメリカで流行ったものは数年後に日本で流行ると言われるように、日本とアメリカでは経済や流行、ITの普及のスピードには差があリます

外食産業で、アメリカから上陸したサービス例をあげると、「ウーバーイーツ(Uver Eats)」などがあります。ウーバーイーツも、アメリカで誕生してから日本に入ってくるのに、それなりの年数がかかりました。今では日本でもよく見かけけるようになり、利用者も増えて浸透しつつあります。

一般的に日本では、アメリカに比べると新サービスが一般消費者の手に渡り、活用されるまでにかなりの時間がかかるようにです。そんな中で、次に日本に進出するのではないかと言われているのが、「レジー(Resy)」というレストラン予約サービスです。

 

レジー(Rasy)とは?

レストラン予約サイトRasy

出典:https://resy.com/

レジーとはレストラン予約サービスで、日本でいうところの食べログ・ぐるなびに当たります。競合は4万7000店舗以上のレストランを網羅する、「オープンテーブル(Open Table)」や「イェルプ(Yelp)」などです。

2014年創業のレジーは、北米160都市の1万店舗のレストランが予約対象です。加盟店舗ではオープンテーブルほどではありませんが、レジーは前年比275%という驚異的な伸び率をみせています。

 

 

 

急速な伸び率の理由

Rasyの急速な伸び率

なぜレジーがこんなにも急速に伸びているのでしょうか。

利用者が、レジーを選ぶのには様々な理由があります。まずは魅力的なレストランが厳選されていて、キュレーションサイトとしての価値が非常に高いというところ。予約制のレストランやカフェなどのお得な情報が必要な分だけ綺麗にまとめられています。

厳選されたお客様満足度の高いレストランがまとめられていることで、利用者はハズレなしでお店選びをすることができます。

 

また、スマホアプリはシンプルで使いやすく、なかなか予約の取れない人気のお店を予約したい時も、予約キャンセル待ちができたり、「希望日ではないけどこの日が空いています」と言った通知が届いたり、親切で嬉しい機能もたくさんあります。ユーザビリティの面も魅力的で、App Storeでの評価は4.7と(2019年1月現在)かなり高評価です。

レジー アプリ

出典:App Store Preview

利用者ユーザーのことを非常によく考えられたスマホアプリだと思います。

 

さらにコスト面でも、魅力的な価格設定となっていて、レジーの利用料は、オープンテーブルの約10分の1の料金だそうです。「より価値のあるものをより安く提供する」ことで、利用ユーザー増加に繋がったのではないでしょうか。

 

最後に

以上、レストラン予約サービス「レジー(Rasy)」についてご紹介しました。

レジーは現在日本ではほとんど認知されていませんが、すでに、ロンドン・パリ・香港・シドニーなどの主要都市には進出しており、今後スペインにも進出予定です。これから日本進出が期待されるレジー。日本で飲食店経営しているオーナー様はもちろんのこと、すでに海外出店されている飲食店オーナー様も、注目のレストラン予約サービス・アプリです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Top画像 出典:https://resy.com/

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事