飲食店の喫煙ルール

2018年7月、国会で「改正健康増進法」が可決され、2020年(令和2年)4月から飲食店の喫煙ルールが大幅に変わります。ですが現状、どのような喫煙環境を整備すればいいのかがわからないと困惑している飲食店経営者も少なくありません。本記事では、「改正健康増進法」による、飲食店の喫煙ルールがどう変わるのかについて、厚生労働省が記者向けに公開した資料をもとに解説していきます。

 

改正健康増進法の趣旨とは?

そもそもなぜ改正がされたのでしょうか。改正についての基本的な考えとして、「望まない受動喫煙」をなくすことにあります。受動喫煙による健康影響は以前から問題視はされていました。最近では20歳未満の子供や高齢者、患者等に与える健康影響が大きいことが考慮され、国全体で「望まない受動喫煙」をなくそうという動きが生まれ、今回の改正へと繋がりました。

 

受動喫煙対策により、飲食店の現状はどう変わるか

今回の改正により、原則屋内は禁煙となりますが、一定の要件を満たせば飲食店は喫煙環境を継続できます。受動喫煙対策により、飲食店の喫煙ルールがどのように変わるのかを具体的にまとめていきます。

 

新規開業店と、大規模の飲食店

次のうち、どれか一つに当てはまる飲食店は喫煙環境を選択する必要があります。

新規開業店と、大規模の飲食店

  • 新規店(2020年4月1日以降に開業する飲食店)
  • 資本金5000万円越えの飲食店
  • 客席面積100㎡越えの飲食店

 

●喫煙環境
屋内全面禁煙 or 加熱式たばこ専用喫煙室の設置 or 喫煙専用室の設置

※喫煙専用室での飲食はできない。
※加熱式たばこ専用席では飲食可能。
※喫煙専用室、加熱式たばこ専用席には20歳未満の者(従業員含む)を立ち入らせることはできない。

 

既存の飲食店のうち経営規模の小さい店舗

既存の飲食店のうち経営規模の小さい店舗

●喫煙環境
喫煙可能 or 屋内全面禁煙となります。

全ての施設で、 喫煙可能部分は 客・従業員ともに 20歳未満は立ち入ることができません。ただし、喫煙専用室と同等の煙の流出防止措置を講じている場合は、 非喫煙スペースへの20歳未満の立入りは可能となります。

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事