止まらない外食産業の離職率!飲食店従業員の満足度を上げるには?

外食産業の深刻な悩み、アルバイト従業員や正社員スタッフの離職率についてまとめていきたいと思います。飲食店経営者であれば「飲食業界の人材不足」という言葉を耳にしたことはあることでしょう。

 

人材不足と離職率は密接な関係にあり、飲食店経営の上で無視できない大きな問題でもあります。人材不足や離職率の問題に直面しないよう、経営側が現状を理解し対策をしておかなければなりません。

 

 

外食産業は離職率がダントツ!

数ある業種の中でも、実は「飲食サービス業」離職率が一番高いのです。

・H26.3大学卒業者における就職後3年目までの離職率

平成30年農林水産省が出している資料を見ても、宿泊業と並び、ダントツで「飲食サービス」の離職率が高いこととがわかります。大学卒業者における就職後3年目までの離職率は宿泊業、飲食サービス業は50%を超えています。これは3年以内に辞めていくという人が2人に1人という数字になります。

 

出典: 平成30年農林水産省調べ 外食・中食産業における 働き方の現状と課題について 

 

飲食業界の離職率が高い理由

離職率

なぜ飲食業界はこんなにも離職率が高いのでしょうか??その理由として考えられるものを、飲食業界を辞めていく従業員の意見も取り入れていくつかご紹介します。

 

理由その1 経営者側の意識の低さ

飲食店での仕事は単純作業が多く、特別高度な知識やスキルも必要とせず、未経験可能なところが多いため、これから働く側としては非常に手が出やすいものです。そのため、経営者目線から考えると「代わりがきく仕事」という意識になりやすくなってしまいます。そのような意識が経営側にあると、アルバイト・スタッフに対してのコミュニケーションやケアが薄れてしまいがちです。そういったコミュニケーション不足が原因で働く側はどんどん働きづらくなり、結果的に辞めてしまうことになってしまいます。

 

 

理由その2 人手不足からくる過酷な労働条件

飲食業界は、他業界と比べて労働時間が長いこともデータからわかります。その理由としては飲食業界の「人員不足」。所定外労働(早出・居残り等の残業)が発生する理由のランキングからも、ダントツ1位で「人員不足」が上がっています。

離職率統計

人手が足りないからといって、求人での採用時に「働きやすい」「昇給あり」など、いい条件ばかりを提示してしまうと、いざ働きだすと「長時間労働」や、「思ったより稼げない」などのギャップを感じて辞めていくアルバイト従業員は少なくはないようです。人手不足解消こそが、離職率改善のポイントなのかもしれません。

 

 

理由その3 やりがいを感じにくい仕事内容

飲食店のアルバイト従業員の仕事はどうしても単純作業が多くなってしまい、ついつい”同じことの繰り返し”や"言われ作業"になってしまいがちです。そうなってしまうと働く側は仕事にやりがいを感じられずに、すぐに辞めてしまいます。実際に辞めていく人の意見でも飲食店での仕事内容に対して「やりがいを感じられない」という声は多くあるようです。

 

 

理由その4 安定が見込めない業界事情

飲食業界はなかなか安定しない業界というのも理由の一つに挙げられます。TKCグループの出している平成25年度の決算速報をもとに集計した調査によると、全国の飲食店の内、利益を出している飲食店舗は約3割で、残りの7割は赤字経営という結果が出ています。

 

実際に飲食店の経営は非常に難しく、利益を出せずに閉店していくお店も少なくはありません。自分の働いているお店が赤字続きだと従業員は不安になり、安定を求めて別業種へ転職してしまいます。

 

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事