店頭看板

街中いたる所に看板が溢れており、目立つ看板や強烈な看板、ハイセンスな看板などそれぞれ特徴があり多くの種類の看板を目することができます。飲食店にとっても欠かせない店舗看板ですが、看板によっては大変集客力の高いものがある一方で、あまり効果的でないものなどさまざまです。

ここでは、飲食店にとっての看板の重要性や集客に効果的な看板とはどういうものか、効果的な看板をつくるポイントなどをご紹介します。これから飲食店を始める人や既に飲食店経営されている人も、今一度店舗看板のあり方をご検討していただければと思います。

店頭看板の目的と重要性

飲食店の看板の目的はひとことで言えば集客につなげることですが、細かくに分類すれば以下のような目的になります。

  • 店舗の存在を多くの人に認知してもらうこと
  • 店舗のコンセプトやウリをわかりやすく伝達すること
  • お客様が迷わないように誘導すること
  • シンボルの認知、店舗のブランディング

以上のような目的を担う看板ですが、残念ながら全ての看板が集客につながっているわけではありません。看板を設置していても、思ったように集客ができていない店舗も多いのが実状です。

一方で、看板を新しく設置してから売り上げが劇的に伸びたというケースもあります。このようなことからも、看板は店舗の集客力に直結する重要な販促ツールであることがおわかりいただけると思います。看板はただ設置すればいいのではなく、設置する場所や位置・看板の種類・看板の色彩やデザイン性なども集客につながる重要な要素となります。

 

集客に効果的な店頭看板とは?

店舗を経営されている人なら、費用をかけて看板を設置する以上、より集客効果の高い看板にしたいと望むのが当然でしょう。集客効果の高い看板とは、具体的には以下のような看板です。

 

1視認性が高い

看板は通行人によく見えることが大切です。人や車が往来する動線上で最も見やすい位置や角度・看板の大きさ・障害物の有無・背景色とのバランスなどに考慮が必要です。

 

2何屋さんか一目でかわかる

おしゃれな看板でも、何屋さんかわからなければ集客につながりません。一目で何屋さんかわかる名称(焼肉・餃子・寿司など)や、美味しそうなメインメニューの画像を掲載している看板などはわかりやすく効果的です。

 

3店舗の雰囲気や内容がわかりやすい

集客につなげるには、何を売っているかだけでなく、より多く情報を伝える必要があります。例えば一人でも入れるお店か・子供連れでも可能か・値段はいくらくらいか・営業時間・他店との違いなど、店内が見えにくい場合は店内画像を掲載することでより多くの情報を伝達できます。

 

4店舗のイメージと合っている

看板と店舗のイメージが合っていることも大切です。例えば、和食店なら和のテイストがある看板、高級店なら高級感や重厚感のある看板、カジュアル店なら明るく楽しいイメージの看板など。

看板はお店のイメージのダイジェスト版といってもいいでしょう。お店のイメージを看板によって適切に伝えることで、そのお店が求めるターゲットを獲得しやすくなります。

 

5新鮮さと清潔感がある

飲食店は新鮮さと清潔感が命です。看板が古くなっていたり汚れていたりするとお店のイメージが大幅にダウンします。
看板も消耗品と捉え、数年ごとに新しい看板に交換することをおすすめします(レトロをウリにしているカフェやバーは古さが魅力になる場合もある)。

 

飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事