かっぱ寿司が、寿司業界初となるYouTuber専門の問い合わせフォームを設置したことで話題になっています。かっぱ寿司で話題の食べ放題メニューや、現在の企業の業績などの情報も併せて紹介していきます。

 

YouTuber企画でかっぱ寿司のサービス無料

「かっぱ寿司で動画を投稿することで、かっぱ寿司のサービスが無料になる」そう聞けば、YouTuberであれば一度は試してみたくなるはずです。全国展開している「かっぱ寿司の食べホー」でどれだけ食べられるかチャレンジしたり、独自の企画を申し込んだりできます。さらに、自由な取材ができ、動画撮影がスムーズに行われるよう、かっぱ寿司がYouTuberをサポートをしてくれます。

 

業界初のYouTuber問い合わせフォームを設置

かっぱ寿司では、業界初の YouTuber専門の問い合わせフォームを設置しました。笑顔でお寿司を食べてほしいというかっぱ寿司の思いと、多くの人を笑顔にさせるYouTuberの思いがつながり、相乗効果が期待できます。かっぱ寿司側は、YouTuberに動画を投稿してもらうことで商品の広告効果を得られます。YouTuber側は企画を立てやすくなり、撮影や取材をサポートをしてもらえることによってスムーズな動画制作が可能になるでしょう。

 

企画でかっぱ寿司を利用する条件

YouTuberがかっぱ寿司を取材・撮影をするには、いくつかの条件があります。

・チャンネル登録者が10万人以上のYouTuberであること
・取材から1カ月以内に動画投稿と動画アップの報告ができること
・月~金曜日の11時から18時までの間で取材できること
・キッチンの撮影は基本的にNGであること
・東京都内の店舗で撮影を行えること
 (他店舗を希望する場合には先に問い合わせること)

YouTuberの応援を目的にしているこの企画ですが、それ相応のチャンネル登録者がいることが前提です。また、取材から1か月以内の動画投稿と報告が必要であることから、アクティブに活動していることと、納期を守る意識も大切です。

 

かっぱ寿司の「食べホー」とは

YouTuberへのチャレンジとしてかっぱ寿司が推奨している「食べホー」という食べ放題メニューがあります。

 

サイドメニュー含めて食べ放題のメニュー

「食べホー」とは、男性1,580円、女性1,480円で60分間の食べ放題が利用できるメニューです。お寿司だけでなく、うどんやデザート、茶わん蒸し、からあげやポテト、枝豆など、サイドメニューなども含めて食べ放題なのが特徴です。また、全8種類のドリンクバーが付いているため、ドリンクを別途で注文する必要がありません。
また、時間延長は10分で500円と割高なので、60分できちんと終了する方がお得です。

 

「食べホー」は平日限定、予約必須メニュー

「食べホー」は平日限定のメニューで、さらに14時から17時のみの実施という制限があります。また、webでの予約が必須なメニューです。かっぱ寿司のwebサイトから予約をするか、かっぱ寿司アプリを利用しましょう。電話での予約は行っていないので注意が必要です。

 

かっぱ寿司の業績は不振

これだけの話題性をもちながらも、かっぱ寿司の業績は不振なのが現状です。かつて業界のトップを走っていたかっぱ寿司は、今や回転ずし4大チェーンの最下位を走っています。

 

安いだけでは売れない厳しい時代

かっぱ寿司が人気のトップを走っていた時代は、安く寿司が食べられるということ自体が貴重な時代で、かっぱ寿司は寿司業界にとって革新的な存在でした。しかし今や回転ずしのライバル会社が増え、安いだけでなく品質を重視している新興勢力に顧客を持っていかれてしまいました。値段は対等、寿司の品質も良く、サイドメニューも充実している、そんなスシローやはま寿司、くら寿司に太刀打ちできませんでした。今現在も不振にあえぐかっぱ寿司が逆転のために仕込んだのが、このYouTuber取材専用窓口であると言えるでしょう。

 

“画像引用:https://www.kappasushi.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事